MCA-200A
耐G型ユニバーサルレコーダ

  • TEDS

MCA-200A

概要

●静的計測と動的計測が、交互に可能
●全チャネル同時サンプリングで16-bitの分解能
●サンプリング周波数は、最高100kHz(各ユニット任意1チャネル選択時)。また、128チャネルでは、5kHzの同時サンプリングが可能
●196m/s2(20G)以上の耐G性

特長

最大256チャネルの測定が可能な耐G型ユニバーサルレコーダです。本装置に実装される各種コンディショナは、ひずみ、電圧、熱電対など様々なセンサの接続が可能です。

製品一覧

全て表示

MCA-200A
耐G型ユニバーサルレコーダ

MCA-200A
  • TEDS

仕様

入力チャネル数 最大32(スロット数4)
アナログ入力 別売のコンディショナカード(EDX-100Aと共通)
DPM,CDV,CTA,CFV,CCAを実装して使用
サンプリング周波数
サンプリング方式 全チャネル同時
サンプリング周波数種類 1/2/5系列:1Hz~100kH
2n系列:2Hz~65536Hz
サンプリング周期 1Hz~100kHz(1/2/5系列):1チャネルのデータ集録時
1Hz~50kHz(1/2/5系列):3チャネルまでのデータ集録時
1Hz~20kHz(1/2/5系列):8チャネルまでのデータ集録時
1Hz~10kHz(1/2/5系列):16チャネルまでのデータ集録時
1Hz~5kHz(1/2/5系列):32チャネルまでのデータ集録時
データ記録装置 コンパクトフラッシュメモリカード(CFカード)
(128MB~8GB:45倍速以上)
ただし,集録データは,1回の測定につき2GBまで
条件設定方法 オンライン設定 : LANインタフェースによりPCで設定
条件の保存 アンプ設定条件,測定条件をMCA内蔵不揮発性メモリに記憶
次回電源投入後,前回の条件ですぐにデータ集録が可能
測定モード
マニュアル測定 ユーザーの操作によるデータの集録開始,および集録終了または,設定したデータ数で集録終了
トリガ測定 あらかじめ測定したトリガ条件にて自動集録機能
インタバル測定 あらかじめ設定したインタバル条件にて自動集録機能
集録開始/終了 パソコン,専用リモコンにより実行
平衡調整操作(バランス操作) ひずみ入力チャネルの平衡調整をパソコンにより実行
集録データ形式 共和標準フォーマットKS2形式
別売のデータ解析ソフトウェアDAS-200A,NIDIAdemによる解析が可能
データ回収 パソコンによるオンライン回収,またはパソコンへCFカードを直接読み込ませるオフライン回収
TEDS機能 パソコンによるオンライン制御時のみ
対応コンディショナカード:CDV-40B(-F),DPM-42B(-F),CCA-40A(-F)
同期運転機能 同期ユニットにより最大8台まで接続が可能
集録データはそれぞれのMCAに実装されたCFカードに別ファイルとして記録
各MCAのデータは,オンラインおよびオフラインでパソコンに回収後,1つのファイルに結合可能
アナログ出力 各コンディショナカードのアナログ出力コネクタによる電圧モニタ可能(±5VFS,ただし,CDV-40B(-F)を除く)
CFカードI/F 1スロット(データ集録用,条件設定用)
通信I/F LAN
LAN I/F 10BASE-T/100BASE-TX
コネクタ形状:RJ45モジュラジャック
操作スイッチ ID:MCA識別番号設定
表示器 本体状態表示用LED:6個
チャネル状態表示用LED:チャネル数個
外部制御コネクタ CONT IN,CONT OUT(リモコン,同期運転用)
使用温度範囲 0~50℃
使用湿度範囲 20~90%(結露しないこと)
保存温度範囲 −20~60℃
耐振性 ±29.42m/s2(3G),5~55Hz(動作時)
±49.03m/s2(5G),5~55Hz(非動作時)
耐衝撃性 196.1m/s2(20G)/11ms
適合指令 EMC指令 2014/30/EU
安全規格 IEC61010-1(設置カテゴリⅡ,汚染度2)
使用電源 DC10~18V
コネクタ型式 RM12BRD-4PH(ヒロセ)
DC電源または,専用ACアダプタ(別売)を使用
消費電流 約2.8A(DC 12V CDV-40B 4枚実装でフル負荷時)
外形寸法 165(W)×150(H)×265(D)(mm)
(注)突起部含まず
質量 約10kg(CDV-40B 4枚実装時 約10.5kg)
標準付属品 DC電源ケーブル P-76
CFカード
DVD(ダイナミックデータ集録ソフトウェア DCS-100A)
別売品 ACアダプタ UIA345-12

外形寸法図

MCA-200A

Page Top

正しくお使いいただくために

LANで接続する場合は、ストレートケーブルを用いてハブ経由でご使用ください。

ダウンロード