DIV-503A
衝突試験用高電圧データロガー

概要

980.7m/s2(100G)の耐衝撃性を持ち、電気自動車やハイブリッド自動車に搭載されている電池電圧やその他の高電圧信号を安全に測定する

入力チャネル間が絶縁されているため、衝突試験時に電気自動車やハイブリッド自動車に搭載された高電圧を安全に計測することができます。
計測方法は、ロガー内部にデータを記録し、試験後に回収する本体集録モード(最大20kHzサンプリング)と、接続されたPCにリアルタイムにデータを転送し保存するPC集録モード(最大100Hzサンプリング)があります。これにより衝突試験時には本体集録モード、準備時などの電圧モニタにはPC集録モードが利用できます。

特長

●測定範囲は±500VDC/±250VDC
●サンプリング周波数20kHzで約62秒、100Hzで約8時間(PC集録モード時)の計測
●リアルタイム計測が可能(サンプリング周波数100Hz以下)
●周波数特性はDC~1kHz
●測定は3チャネル
●最大サンプリング周波数20kHz
●入力レベル表示LED搭載
●100BASE-TXを用いた高速データ転送可能

製品一覧

全て表示

DIV-503A
衝突試験用高電圧データロガー

全体仕様

トリガ 無電圧接点またはTTL信号
インターフェース 10BASE-T/100BASE-TX
耐衝撃性 980.7m2(100G)10msハーフサイン
X,Y,Z軸方向:各1000回
絶縁耐圧 1000Vrms(漏れ電流100μA以下)
(各入力間,入力-筐体,入力-出力)
使用温湿度範囲 温度 0℃~50℃
湿度 20~80%(結露しないこと)
内蔵バッテリ 種類 ニッケル水素電池
充電時間 約3.5時間
動作時間 約30分
電源電圧範囲 DC 11V~15V
動作電流 2.0A以下
質量 約2.5kg

絶縁部仕様

測定チャネル数 3
入力種別 電圧
入力範囲 付属ケーブルにより自動選択
±DC 500V or DC 250V
(許容最大入力1000V)
入力インピーダンス 10MΩ+10MΩ

AD変換器仕様

分解能 16-bit
サンプリング 全チャネル同時サンプリング
測定モード 本体集録モード
 内部にデータ保存,試験後データ回収
パソコン集録モード
 パソコンに直接データを転送
サンプリング周波数 本体集録モード
1,2,5,10,20,50,100,200,500Hz
1,2,5,10,20kHz
パソコン集録モード
1,2,5,10,20,50,100Hz

コントロールソフト仕様

対応OS Windows®7(32/64ビット)
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX
設定機能 サンプリング周波数,測定モード,チャネル名
表示機能 時系列グラフ

外形寸法図

DIV-503A

Page Top

ダウンロード