DIS-7200シリーズ
非耐G型衝突試験計測システム

  • TEDS

DIS-7200シリーズ

概要

コンポーネント試験、ダミー検定試験、エアバック着火試験、バリア荷重計の計測等で使用するDIS-7000シリーズと同性能の非耐G試験用モジュールです。

特長

●小型・軽量
●用途に応じて,チャネルの選択が可能(少チャネルから多チャネル計測まで)
●予め設定した遅延時間で、エアバッグ着火電流を出力(DIA-708AS3)
●最大1056チャネル同期対応(DIS-70A使用の場合は最大999チャネル)

構成

■マスタモジュール
 DIS-7200AS2
■スレーブモジュール
 DIS-708AS1-T(シグナルコンディショナモジュール、8チャネル)
 DIS-716AS1-T(シグナルコンディショナモジュール、16チャネル)
 DIS-724AS1-T/L(シグナルコンディショナモジュール、24チャネル)
 DIA-708AS3(エアバッグタイマモジュール)
■コントロールソフトウェア
 DIS-70A

構成図

DIS-7200シリーズ

製品一覧

全て表示

DIS-7200AS2
マスタモジュール

DIS-7200AS2

仕様

スレーブ接続
対象 DIS-7200シリーズのスレーブモジュール
台数 最大15台
入出力コネクタ
LANコネクタ 1個(LEMO社製0Bコネクタ)
通信ケーブルを介してパソコンと接続
電源コネクタ 1個(LEMO社製2Bコネクタ)
電源ケーブルを介して弊社推奨の外部電源と接続
トリガ入力コネクタ 1個(LEMO社製1Bコネクタ)
テープスイッチ等のトリガ入力ケーブルと接続
同期用コネクタ 2個(LEMO社製0Bコネクタ)
カスケードケーブルを介してマスタモジュール間を接続
DIS-7000用外部LEDユニットと接続
トリガ出力コネクタ 1個(LEMO社製1Bコネクタ)
カスケードケーブルを介して従来器と接続
DI入力コネクタ 2個(LEMO社製2Bコネクタ)
DI入力ケーブル 又は DIジャンクションBOXを接続
トリガ分配出力コネクタ 4個(LEMO社製1Bコネクタ)
トリガ分配出力ケーブルを介してカメラ等の機器と接続
スレーブ接続コネクタ 1個(JAE社製D-subコネクタ)
スレーブモジュールを直接連結
※上記コネクタに接続されるケーブル類,各種装置は別売品
スイッチ
POWERスイッチ 本器および本器に接続されている各モジュールの電源をON/OFF
LED表示器用スイッチ SELECT/ENTERボタンスイッチにより,LED表示器内容を操作
表示器・ブザー
LED 状態表示用LED
LED表示器 本器および本器に接続されている各モジュールの状態を8文字の英数字で表示
ブザー 警報用ブザー内蔵
ステータス出力 DIS-7000用外部LEDユニット(別売品)を接続
トリガ待ち,集録中,エラー発生などのステータスを
LEDで表示
DI
入力点数 16点×2 計32点
入力形式 無電圧接点
サンプリング方式 全チャネル同時
サンプリング周波数 100,200,500,1k,2k,5k,10k,20k,50k,100k Hz
同期
方式 トリガ同期
トリガ
種類 スイッチトリガ:無電圧接点入力 2点(絶縁入力)
カスケードトリガ:他器からのカスケード信号により動作
ソフトウェアトリガ:制御ソフトからのコマンドにより動作
接続台数 最大48台(マスタモジュールは4台まで)
マスタモジュール1台に対しスレーブモジュールを15台まで接続可能
接続方法 マスタモジュール ~ マスタモジュール間
  ・カスケードケーブルによる接続(10mまで)
マスタ又はスレーブモジュール ~ スレーブモジュール間
 ・D-subコネクタによる直接連結
 ・モジュール間延長ケーブルによる接続(2mまで)※電源含まず
マスタモジュール ~ 従来器間
 ・カスケードケーブルによる接続(10mまで)(既存のカスケードケーブルが使用可能)
データ集録部
モード リングバッファモード
 スイッチトリガ1またはスイッチトリガ2が認識された点をイベント点とし,その前後のデータを集録
レコーダモード
 スイッチトリガ1が認識された点から集録開始し,スイッチトリガ2をイベント点として処理
メモリ種類 FLASHメモリ
メモリ容量 500Mデータ/チャネル
集録時間 100kHzサンプリング設定時,約80分
トリガ分配出力
チャネル 4
形式 チャネル毎に下記3形式を用意
・オープンコレクタ(ON時クローズ):24V/30mAまで
・TTL(正論理0V→5V):15mAまで
・TTL(負論理5V→0V):15mAまで
タイミング トリガ入力認識後の遅延時間をチャネル毎に設定可能
設定範囲:即時 または 0.1 ~ 9999ms
100ms未満の設定時,0.1msステップで設定可能
100ms以上1000ms 未満の設定時,1msステップで設定可能
1000ms 以上9999ms以下の設定時,10msステップで設定可能
精度: 100ms 未満の設定時,±20μs以内
100ms以上1000ms未満の設定時,±200μs以内
1000ms以上9999ms以下の設定時,±2.0ms以内
※レベルトリガ起因の場合はトリガ出力タイミングがずれる場合があります。
チェック機能 メモリチェック/トリガチェック
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX準拠
ログ機能 電源やトリガなどの本体動作状態遷移を記録
環境条件
使用温度範囲 0~50℃
使用湿度範囲 20~80% (結露しないこと)
保存温度範囲 -10~60℃
保存湿度範囲 10~90% (結露しないこと)
電源
入力範囲 DC15~28V(TYP.24V)
※別売品の外部電源の電圧は,DC 24Vに設定してください。 その他の設定電圧の場合,接続台数などの仕様を満たさない場合があります。
消費電流 最大300mA(電源DC 24V,DI全チャネルショート)
その他 ・マスタモジュールのLED表示器にて各モジュールのステータス等の表示が可能
・外部電源は,弊社が指定した製品のみ接続可能
外観
外形寸法 約45(W)×210(D)×100(H)mm
(突起部,オプション類は除く)
質量 約1.0 kg

DIS-708AS1-T, DIS-716AS1-T, DIS-724AS1-T/L
シグナルコンディショナモジュール

DIS-7200シリーズ
  • TEDS

仕様

型式 角型コネクタ入力タイプ: DIS-708AS1-T(8チャネルタイプ)
角型コネクタ入力タイプ: DIS-716AS1-T(16チャネルタイプ)
角型コネクタ入力タイプ: DIS-724AS1-T(24チャネルタイプ)
丸型コネクタ入力タイプ: DIS-724AS1-L(24チャネルタイプ)
アナログ入力
入力チャネル数 8または16または24
※丸形コネクタタイプは24チャネルのみ
入力コネクタ 下記の何れかを指定可能
DIS-708AS1-T / DIS-716AS1-T /DIS-724AS1-T:3RT01-RW7F
(多治見無線電機社製 適合プラグ3RT01-PB7M)
DIS-724AS1-L:ECG.1B.307
(LEMO社製 適合プラグFGG.1B.307)
入力形式 平衡差動入力
入力抵抗 ブリッジ式センサ測定 ゲイン×1 ~ 5000時:約(50M Ω+50M Ω)
ゲイン×0.1 ~ 0.9時:約(100k Ω+100k Ω)
電圧測定時:約(100k Ω+100k Ω)
入力電圧範囲 ±20V以内
ゲイン ×0.1 ~0.9(×0.1ステップ)
×1~5000(×1ステップ)
ゲイン精度 ±0.2%FS以内
非直線性 ±0.1%FS以内
平衡調整範囲 ゲイン
×0.1~0.9:±20V以内
×1~9:±2V以内
×10~99:±200mV以内
×100~5000:±20mV以内
ブリッジ電源
印加方式 チャネル独立 (ON / OFFコントロール可)
電圧 DC10V/5V/2V ±0.1%以内
ブリッジ構成 2ゲージ法/4ゲージ法
ブリッジ抵抗 120~5kΩ
電流 30mA/チャネル以内
ローパスフィルタ
伝達特性 5次バタワース
カットオフ周波数 50,100,200,400,1k,2k,4k,10k,20k Hz
カットオフ点の振幅比 -3±1 dB以内
減衰特性 -30±3 dB/oct以内
AD変換器
分解能 16-bit
サンプリング方式 全チャネル同時
サンプリング周波数 100,200,500,1k,2k,5k,10k,20k,50k,100k Hz
SN比 50dB以上 (フィルタ1kHz設定時)
トリガ
種類 カスケードトリガ:他器からのカスケード信号により動作
アナログ(レベル)トリガ:任意の3チャネルのレベルにより動作
ソフトウェアトリガ:制御ソフトからのコマンドにより動作
データ集録部
モード リングバッファモード
連結されたマスタモジュールがスイッチトリガ1またはスイッチトリガ2を認識した点をイベント点とし,その前後のデータを集録
レコーダモード
連結されたマスタモジュールがスイッチトリガ1を認識した点から集録開始し,スイッチトリガ2をイベント点として処理
メモリ種類 FLASHメモリ
メモリ容量 500Mデータ/チャネル
集録時間 100kHzサンプリング設定時,約80分
TEDS機能 IEEE1451.4(Mixed Mode Transducer interface Class2)対応
センサID対応
チェック機能 ブリッジ電源チェック/センサチェック(先端並列抵抗法)/ゲインチェック/入力抵抗チェック/断線チェック/メモリチェック/トリガチェック
表示器 状態表示用LED
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX準拠
ログ機能 電源やトリガなどの本体動作状態遷移を記録
環境条件
使用温度範囲 0~50℃
使用湿度範囲 20~80% (結露しないこと)
保存温度範囲 -10~60℃
保存湿度範囲 10~90% (結露しないこと)
電源
入力範囲 DC15~28V(TYP.24V)
※別売品の外部電源の電圧は,DC 24Vに設定してください。
その他の設定電圧の場合,接続台数などの仕様を満たさない場合があります。
消費電流 DIS-708AS1-T:最大250 mA(電源DC24 V,BV5 V,350 Ω負荷/8チャネル)
DIS-716AS1-T:最大350 mA(電源DC24 V,BV5 V,350 Ω負荷/16チャネル)
DIS-724AS1-T/L:最大500 mA(電源DC24 V,BV5 V,350 Ω負荷/24チャネル)
適合規格 ISO 6487 / SAE J211-1
その他 ・マスタモジュールの電源をON/OFFしたときに,本器の電源が連動
・外部電源は,弊社が指定した製品のみ接続可能
外観
外形寸法 約35(W)×210(D)×100(H)mm
(突起部,オプション類は除く)
質量 DIS-708AS1-T:約0.8 kg
DIS-716AS1-T:約0.9 kg
DIS-724AS1-T/L:約1.0 kg

DIA-708AS3
エアバッグタイマモジュール

DIA-708AS3

仕様

着火出力
出力点数 8
コネクタ型式 本体 :ECP.0S.302 (LEMO社製)
プラグ:FFA.0S.302 (LEMO社製)
出力電流 設定範囲:0.5 ~ 3.0 A 及び OFF (0.1Aステップで設定可能)
精度:±0.05 A 以内
最大出力電圧 約 18V
負荷抵抗範囲 1~9 Ω (インフレータまでのケーブル抵抗値を含む)
※ただし,設定電流値(A)×負荷抵抗値(Ω)=最大出力
電圧18Vとなる抵抗値が実際の使用可能上限値
出力時間 設定範囲 :0.2 ~ 5 ms (0.1 msステップで設定可能)
※ただし,設定電流値[A]×設定電流値[A]×負荷抵抗値[Ω]×出力時間[ms] ≦ 180
例:制御ソフトにて,下記のように設定範囲が自動的に制限されます。
設定電流値3.0 A/負荷抵抗値6.0 Ω時の設定範囲は最大3.3 msまで。
設定電流値2.5 A/負荷抵抗値7.2 Ω時の設定範囲は最大4.0 msまで。
遅延時間 設定範囲:0.1~999.9ms
(0.1msステップで設定可能)
1000~9999ms
(1msステップで設定可能)
精度: ±0.01ms以内
( 0.1~99.9ms設定時)
±0.1ms以内
(100.0~999.9ms設定時)
±1ms以内
(1000~9999ms設定時)
AD変換
分解能 16-bit
測定精度 ±3%FS以内 (FS=5.0A)
サンプリング方式 全チャンネル同期
サンプリング周波数 10k, 20k, 50k, 100k Hz
データ集録部
モード リングバッファモード
連結されたマスタモジュールがスイッチトリガ1またはスイッチトリガ2を認識した点をイベント点とし,その前後のデータを集録
レコーダモード
連結されたマスタモジュールがスイッチトリガ1を認識した点から集録開始し,スイッチトリガ2をイベント点として処理
メモリ種類 FLASHメモリ
メモリ容量 250 Mデータ/チャネル
集録時間 100k Hzサンプリング設定時,約40分
トリガ
種類 カスケードトリガ:
他器からのカスケード信号により動作
ソフトウェアトリガ:
制御ソフトからのコマンドにより動作
チェック機能 メモリチェック/トリガチェック/電流出力チェック
安全機能
SAFETY機能 SAFETYコネクタ側にSAFETYプラグが挿入中は,トリガ信号入力の受付を禁止し,偶発的な電流がインフレータに流れないよう,装置内部で電流出力端子間をショート
負荷抵抗測定 インフレータに微弱電流(10mA以下)を流して抵抗値測定
(※抵抗値はインフレータまでのケーブル抵抗値を含む)
測定範囲:0.0 ~ 10.0Ω
分解能:0.1Ω
精度:±0.3Ω以内
試験前抵抗測定:
試験直前(SAFETY解除時),自動的に負荷抵抗測定を実施し,ケーブル断線等の異常を検出。測定結果があらかじめ設定された抵抗範囲内であった時は,トリガ待ち状態となり試験継続
試験後抵抗測定:
着火動作終了後,自動的に負荷抵抗測定を実施し,未展開のインフレータを検出。測定結果は本体上面のCH_STATUSのLEDにて表示
チャネルステータス チャネル毎の状態をCH_STATUSのLEDにて表示。
ブザー 下記状態であるとき,マスタモジュールの内蔵ブザーが鳴ります。
・電流出力用コンデンサチャージ中
・抵抗測定結果エラー時
・電流出力チェック結果エラー時
インタフェース 10BASE-T/100BASE-TX準拠
ログ機能 電源やトリガなどの本体動作状態遷移を記録
環境条件
使用温度範囲 0~50 ℃
使用湿度範囲 20~80%(結露しないこと)
保存温度範囲 -10~60 ℃
保存湿度範囲 10~90%(結露しないこと)
電源
入力範囲 DC15~28V(TYP.24V)
※別売品の外部電源の電圧は,DC24Vに設定してください。
その他の設定電圧の場合,接続台数などの仕様を満たさない場合があります。
消費電流 最大250 mA(電源DC24 V)
その他 ・マスタモジュールの電源をON/OFFしたときに,本器の電源が連動
・外部電源は,弊社が指定した製品のみ接続可能
外観
外形寸法 約35(W)×210(D)×100(H)mm
( 突起部,オプション類は除く)
質量 約0.9 kg

DIS-70A
衝突試験用コントロールソフトウェア

DIS-70A

仕様

対象機種 DISシリーズ:DIS-7200AS2,DIS-7000A,DIS-724A,DIS-632A,DIS-618A,DIS-61A,DIS-506A,DIS-5200A,DIS-5010A,DIS-5000A,DIS-3200A,DIS-3000B/A,DIS-2000A
DIAシリーズ:DIA-708A,DIA-512A
同時制御可能台数※1 DIS-7000シリーズ:4グループ ※2
1グループ内: DIS-7000A 1台
DIS-724A,DIA-708A 15台
DIS-7000シリーズ以外: 1グループ
1グループ内: DISシリーズ 16台
DIA-512A 2台 
試験条件設定項目 試験番号,試験名称,試験形態,試験目的,試験場所,試験担当者,試験コメント,試験実施日,時刻,温度(℃),衝突角度(deg),衝突速度(km/h),車両名称,車両番号,仕様,車両形式,エンジン形式,変速機形式,車両重量(kg)
チャネル条件設定項目 DISシリーズ:
 試験対象,計測対象,部位名称,シートポジション,デジタルフィルタ,感度方向,ISO MMEコード,センサ種別,センサ型式,シリアル番号,センサID,定格容量,定格出力(または感度),単位,印加電圧,抵抗値,予想値(ゲインまたはレンジ)※3,係数,オフセット,バランス,コメント
DIAシリーズ:
 ON/OFF,試験対象,シートポジション,部位名称,ISO MMEコード,遅延時間,出力電流,出力時間,抵抗値,試験前抵抗下限値,試験前抵抗上限値,試験後抵抗下限値,試験後抵抗上限値
センサ情報インポート機能※4 TEDS,センサID,センサファイル
集録条件設定項目※5 サンプリング周波数,アナログフィルタ,トリガモード,トリガ前集録時間,トリガ後集録時間,外部トリガ,カスケードトリガ,レベルトリガ,トリガ出力遅延時間
チェック機能※6 ゲインチェック,印加電圧チェック,センサチェック,断線チェック,負荷抵抗チェック,バッテリチェック,トリガチェック,オーバフローチェック
データモニタ機能※7 リアルタイム数値モニタ,リアルタイム波形モニタ,集録データモニタ
データファイル書式 当社オリジナルのバイナリ形式,ASCII形式,ISO MME形式
表示言語 日本語,英語
動作環境
OS Windows® 7 ,Windows® 8.1,Windows® 10
( 日本語 / 英語版,32 / 64ビット対応)
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
CPU Core 2 Duo 2 GHz 以上推奨
メモリ OSが32ビットの場合,2 GB以上(推奨4 GB以上)
OSが64ビットの場合,4 GB以上
HDD インストールに50 MB程度の空き容量が必要
インタフェース DIS-7000A,DIS-724A,DIA-708A,DIS-61A,
DIS-632A,DIS-618A,DIS-5200A,DIS-5010A,
DIS-5000A,DIA-512Aの場合
 10/100 BASE-T/TX Ethernet(IEEE802.3準拠)
 インタフェース(推奨 100 BASE-TX)
DIS-3200Aの場合
 10 BASE-T Ethernet(IEEE802.3準拠)インタフェース
DIS-3000B,DIS-3000Aの場合
 10 BASE2 Ethernet(IEEE802.3準拠)インタフェース
DIS-2000Aの場合
 National Instruments社製GPIBインタフェース
 NI GPIB,NI-488.2ソフトウェア(GPIBドライバ)

Page Top

備考

※1 アナログチャネル,デジタルチャネル,エアバッグタイマチャネルの合計で最大999チャネル
※2 最大48台(DIS-7200Aは4台まで)
※3 ゲインまたはレンジは予想値の設定により自動設定
※4 TEDS,センサIDはDIS-708A,DIS-716A,DIS-724Aのみ有効
※5 各設定項目の有効/無効,設定可能範囲は対象機種の仕様による
※6 各チェック機能の有効/無効は対象機種の仕様による
※7 各モニタ機能の有効/無効は対象機種の仕様による