熱検知装置

概要

本装置は鉄道線路側に設置され、営業列車の床下熱パターンを常時監視します。監視対象は、軸箱、車輪、基礎ブレーキ機構、および制御装置等の床下機器です。
(JR東海殿と共同で開発)

特長

●在来線高速列車の計測ができる放射温度センサ
●熱パターン照査機能により特定機器の異常高温/低温が検出可能
●軸箱等狭い範囲の対象を切り出す高精度位置検出機能

ダウンロード