BS-8FT
小型ひずみ計

概要

薄いコンクリート壁面(層)の内部または表面、H型鋼等の鋼材表面のひずみを測定する変換器です。測温機能付きのため、ひずみ量と温度が同一変換器で測定可能です。計器長80mmと小型に設計されていますので、コンクリート内埋設時は骨材が比較的小さい場合に使用します。

特長

●変換器自体の線膨張係数をコンクリートに近似して製作された自己温度補償型
●土留工の切梁ひずみ、鋼矢板等のひずみ、トンネル支保工のひずみ測定等、広範囲な用途に使用可能
●長期測定ではひずみゲージを直接貼り付ける代わりに使用可能

製品一覧

全て表示

BS-8FT
±1000×10-6ひずみ

仕様

性能
ひずみ測定
定格容量 ±1000×10-6ひずみ
非直線性 ±2%RO以内
ヒステリシス ±3%RO以内
定格出力 2.6mV/V(5200×10-6ひずみ)以上
(-側定格容量~+側定格容量)
温度測定
定格容量 -30~70℃
温度測定誤差 ±0.5℃(-30~70℃)
環境特性
許容温度範囲 -30~80℃
温度補償範囲 -20~70℃
出力の温度影響 ±0.05%/℃以内
電気的特性
許容印加電圧 10V ACまたはDC
推奨印加電圧 2~10V ACまたはDC
入力抵抗 350Ω±1%(0℃で)
出力抵抗 450Ω±1.6%(0℃で)
ケーブル 0.3mm2,4心クロロプレン1m,外径6mm,先端むきだし
機械的特性
標点距離 80mm
許容過負荷 120%
見かけの線膨張係数 (11±1)×10-6/℃
質量 約120g

外形寸法図

Page Top

ダウンロード