RMD-G
多段式岩盤変位計

概要

地下空洞やトンネル工事での岩盤の測定に最適

定格容量:0~100mm(範囲内で圧縮、引張の定格容量の振り分け可能)
非直線性:±2%RO以内
定格出力:約4mV/V

特長

●小型・軽量、6測点までは孔径φ66mmのボーリング孔で設置が可能
●設置作業が簡単

製品一覧

全て表示

RMD-G
多段式岩盤変位計

仕様

定格容量 0~100mm(範囲内で圧縮,引張の定格容量の振り分け可能)
測定点数 1~6(7~8点用もご希望により製作いたします。ただし,ボーリング孔径はφ86mmです)
ボーリング径 φ66mm
測定深さ 最大50m
変位計測部
検出方式 ポテンショメータ式
定格出力 約4mV/V(8000×10-6ひずみ)
非直線性 ±2%RO以内
ヒステリシス ±1%RO以内
入力抵抗 350Ω±5%
出力抵抗 300Ω±5%
質量 約7kg(変位計測部のみ)
ケーブル 0.65mm×20対,ポリエチレン被覆ペアケーブル5m,外径13.5mm,先端むきだし
アンカー 水圧による加圧式アンカーBA-66(グラウト併用方式)
変位伝達ロッド径 φ5mm
保護等級 IP67(JIS C 0920)

外形寸法図

RMD-G

Page Top

ダウンロード