SDD
境界面すべり変位計

SDD

概要

堤体盛土材と岩盤との境界面の相対変位量を測定

定格容量:500(±250)~2000(±1000)mm
非直線性:±2%RO以内
定格出力:1mV/V(2000×10-6ひずみ)以上

特長

●変位変換器の他端に連結された移動子が境界面に沿って発生するすべり変位と共に移動することで変位が検出
●堤内すべり変位計(SDM)と組み合わせれば、境界面付近の変位が測定可能

製品一覧

全て表示

SDD
境界面すべり変位計

SDD

仕様

定格容量 500mm(±250mm)
1000mm(±500mm)
2000mm(±1000mm)
(検出器BJB-D-S)
定格出力 1mV/V(2000×10-6ひずみ)以上
非直線性 ±2%RO以内
ケーブル 検出器/先端むきだし

Page Top

ダウンロード