SSC-C
水管式構造物沈下計

概要

構造物の沈下を測定
既設構造物直下、または隣接したトンネル工事、根切り工事などが工事中あるいは工事終了後構造物に与える沈下の影響を測定するものです。本装置は基準水槽と検出器で構成され、基準水槽は構造物の沈下の影響を受けない点を基準点として固定し、一方検出器は沈下の予測される構造物の測定点に設置して両者を連通管でつなぎ基準水槽と検出器の水位差を電気的に測定します。

製品一覧

全て表示

SSC-C
沈下量測定,±20mm

検出器 FT-20C仕様

性能
定格容量 ±20mm (最小読取値 0.02mm)
非直線性 ±1%RO以内
ヒステリシス ±1%RO以内
繰り返し性 1%RO以下
定格出力 2000mV±1%(-側定格容量~+側定格容量)
(印加電圧6V DC時)
環境特性
使用温度範囲 0~40℃(水使用時に凍結しないこと)
零点の温度影響 ±0.3%RO/℃以内
電気的特性
検出方式 差動トランス式
推奨印加電圧 6V DC
許容印加電圧 4~10V DC
ケーブル 0.5mm2,6心シールドクロロプレン2m,外径9.5mm,先端むきだし
機械的特性
零点出力 ±5%RO以内(水位0mm)
外形寸法 160×250×170mm
質量 約6.9kg

基準水槽 WL-20C

質量 水槽部 約20kg
水タンク部 約15kg
別売品 校正パイプA WLC-10C(水位10mm)
校正パイプB WLC-20C(水位20mm)

外形寸法図

SSC-C

Page Top

備考

基準水槽(WL-20C)は奥行200mmでも製作可能です。お問い合わせください。

ダウンロード