SSD-510TSA
伸縮計

概要

地表面の変動を測定し、記録、警報が可能
地すべり崩壊などのおそれのある場所に設置し、地表面の変位を測定するためのものです。地表の変動を測定するポテンショメ−タ式センサで、固定杭より延長されたインバ−線により地表面変位を伝達し、変位伝達軸を回転させることにより変位が電圧出力で得られます。定格容量は、50mm、100mmを任意に選択できます。電気的出力を各種測定機器に接続することにより、変位量を指示、記録、警報などができます。

製品一覧

全て表示

SSD-510TSA
伸縮計

仕様

性能
定格容量 50または100mm(ラダーホイールで選択)
非直線性 ±1%RO以内
ヒステリシス ±1%RO以内
定格出力 1.25mV/V(2500×10-6ひずみ)以上
環境特性
許容温度範囲 -10~70℃
温度補償範囲 0~60℃
零点の温度影響 ±0.1%RO/℃以内(注)センサ部単体の仕様
出力の温度影響 ±0.1%/℃以内(注)センサ部単体の仕様
電気的特性
変換方式 ポテンショメータ式
許容印加電圧 10V ACまたはDC
入力抵抗 350Ω±2%
出力抵抗 350Ω±5%
ケーブル 0.5mm2,4心クロロプレン1m,外径8mm 先端むきだし
機械的特性
許容過負荷 110%
外装 クロメートめっき
保護等級 IP64(JIS C 0920)
質量 約2.4kg
標準付属品 ラダーチェーン 150cm
ウエイト 約2.5kg
インバー線 30m,φ0.8
インバー線固定金具
移動杭

外形寸法図

SSD-510TSA

Page Top

ダウンロード