SSD-510TSB
孔内伸縮計

概要

地盤内の変位測定用
短時間で設置可能

地すべりの発生するおそれのある箇所などに設置して、地盤内の変位を測定するためのものです。ボ−リング孔内に加圧力によって固定されたアンカーから延びた伝達ワイヤは、伸縮計(SSD-T)に接続されます。変位により伸縮計の変位伝達軸を回転させることにより測定ができます。 加圧式アンカーは、グラウト式アンカーに比べて短時間で岩盤に固定できるので、伸縮計の設置時間が短かくなります。

製品一覧

全て表示

SSD-510TSB
孔内伸縮計

仕様

伸縮計
外形寸法 165※(W)×115(H)×161(D)mm
(※ラダーホイールの中心までの寸法。形状寸法はSSD-510TSAに準ずる)
ケーブル 先端むき出し
加圧式アンカーBA-66D
ボーリング径 φ66
推奨印加圧 1~1.5MPa
保護等級 IP64(JIS C 0920)
別売品 φ2ステンレスワイヤ
φ6ポリウレタンチューブ
φ4加圧チューブ
φ18ポリエチレンホース
熱収縮チューブ
アンカー設置用ウエイト
加圧式アンカー

外形寸法図

SSD-510TSB

Page Top

ダウンロード