DAS-200A
データ解析ソフトウェア

DAS-200A

概要

データ解析ソフトウェアDAS-200Aは、集録データの再生・解析処理ソフトウェアです。DCS-100Aで集録した共和標準データファイル(KS1、KS2)のグラフ表示、数値表示および各種解析が行えます。

特長

●ひとつのデータファイルに対して、波形グラフ・FFT解析グラフ・統計演算・ヘッダ情報・数値一覧・表示条件の各画面を表示可能
●集録データファイルの切り出しおよびCSV形式ファイルへの変換が可能
●統計処理
●四則演算
●FFT解析
●頻度解析
●フィルタ処理
●微分積分処理
●グラフ表示、解析条件ファイルの読み込み/保存
●集録した動画再生機能
●プリンタ出力
●最大16個のデータファイルをグラフ表示可能

製品一覧

全て表示

DAS-200A
データ解析ソフトウェア

DAS-200A

仕様

動作環境
OS Windows® 7, Windows® 8.1, Windows® 10
日本語/英語, 32/64ビット対応
CPU Corei5 2GHz 相当以上
メモリ OSが32ビットの場合, 2GB以上
OSが64ビットの場合, 4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
データ再生
グラフ表示 4パターンの表示条件が設定可能
1, 2, 4グラフのいずれかで表示
Y-Timeグラフ 1グラフに最大16チャネル
Y軸でオートスケール表示可能
X-Yグラフ 1グラフ固定
X軸, Y軸共に任意4チャネル表示可能
X軸, Y軸共にオートスケール表示可能
全データ表示 4チャネル単位で全データを表示可能
数値データ表示 任意16チャネルの数値データを一覧表示
カーソル表示 カーソル位置の数値表示
2本のカーソル間の拡大表示可能
2本のカーソル間の最大値・最小値表示可能
スクロール Y-TimeグラフでX軸をスクロール可能
データファイル編集 集録データファイルの任意データ範囲と任意チャネルの切り出し。
ファイル変換可能
データファイルのタイトル・コメント・チャネル条件の表示・編集可能
MAX/MINデータ表示 各チャネルの極大値・極小値を表示可能(最大5個)
極大値・極小値を中心とした前後400 データをグラフ表示可能
KS2ファイル ブロック番号対応(1ブロック表示,全ブロック表示)
音声データ一覧と音声データ再生可能
再生操作 再生, 逆再生, 連続再生, コマ送り, 逆コマ送り, 再生開始位置・再生終了位置へ移動, 再生開始位置・再生終了位置の設定, 再生速度(0.1~20倍速)
測定データと動画, GPSデータの同時再生可能
AVIファイル 再生フレームレート設定, 再生開始フレーム番号(時間)設定
GPSデータファイル 緯度, 経度データを軌跡表示可能
デュアルサンプリングデータ デュアルサンプリングで集録したKS2ファイル
( 高速サンプリングデータファイル, 低速サンプリングデータファイル)を同時再生可能
スタティック計測ファイル スタティック計測で集録したCSV形式ファイルを再生可能
ECANファイル ECAN-40A/EGPC-40A の CAN データを再生可能
KS2 ファイルとの同時再生,CSV 形式ファイルへのファイル変換
解析処理
統計演算 任意データ範囲の最大値, 最小値, 平均値, 標準偏差を一覧表示
統計演算結果をCSV形式ファイルに保存可能
四則演算 最大2個のデータファイル内のチャネルで演算を行い, 演算結果を新規データファイルに保存可能
演算式(200桁以内)を最大320式設定可能
入力可能な演算子 加算:+, 減算:-, 乗算:*, 除算:/, べき乗:^, 円周率:PI, 括弧:()
入力可能な演算関数 SQR 平方根関数
ABS 絶対値関数
SIN SIN関数(正弦)
COS COS関数(余弦)
TAN TAN関数(正接)
ASIN ASIN関数(逆正弦 角度:ラジアン単位)
ACOS ACOS関数(逆余弦 角度:ラジアン単位)
ATAN ATAN関数(逆正接 角度:ラジアン単位)
DSIN DSIN関数(逆正弦 角度:度単位)
DCOS DCOS関数(逆余弦 角度:度単位)
DTAN DTAN関数(逆正接 角度:度単位)
LOG LOG関数(常用対数)
LN LN関数(自然対数)
EXP EXP関数(指数)
HMX 最大主ひずみ関数
HMN 最小主ひずみ関数
HSM 最大せん断ひずみ関数
SMX 最大主応力関数
SMN 最小主応力関数
SSM 最大せん断応力関数
DEG 主ひずみの方向関数
FFT解析 解析種類:リニアスペクトラム, パワースペクトラム, クロススペクトラム, 自己相関, 相互相関, コヒーレンス, 伝達関数

解析データ数:256, 512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768

窓関数:OFF, ハミング, ハニング, フェイエル, ブラックマン, ガウシアン

フィルタ:1, 2, 50, 100, 200, 500, 1000, 2000HzおよびFLAT(フラット)の10段

積分回数:0:無, 1~2

平均回数:0~(0:波形全体)

シフトデータ数:2以上

解析結果グラフ表示:
解析の種類      解析グラフ1        解析グラフ2

リニアスペクトラム  振幅(リニア), 振幅(対数) 位相
パワースペクトラム  振幅(リニア), 振幅(対数) -
クロススペクトラム  振幅(リニア), 振幅(対数) 位相
自己相関       相関            -
相互相関       相関            -
コヒーレンス     コヒーレンス        -
伝達関数       振幅(リニア), 振幅(対数) 位相

解析結果の保存は, CSV形式ファイル
頻度解析 種類:
極大値/極小値法
最大値/最小値法
1次元レインフロー法
振幅法
1次元時間率法
1次元レインフロー法+極大値/極小値法
1次元レインフロー法+最大値/最小値法
2次元レインフロー法

スライス数:
1次元型:10(±5)~256(±128)の偶数個
2次元型:10~50の偶数個

その他:
スライス幅, ヒステリシス, オフセット(最大値/最小値法時)等を設定可能
頻度解析条件ファイルの読み込み/保存
解析結果グラフ表示:作表表示, 作図表示(2次元レインフロー法時は3次元表示)
寿命予測処理 1次元レインフロー法, 2次元レインフロー法, 振幅法で得られた頻度解析結果から寿命予測を行い, その結果を表示, ファイルに保存可能
(S-Nデータファイルの読み込みが可能)
フィルタ処理 デジタルフィルタ:IIRフィルタ

特性:4次のバタワース(カットオフ:-6dB, 位相遅れ無)

ハイパス・ローパスフィルタ:
FLAT~500kHz(サンプリング周波数の1/2まで設定可能)

ミラーリング処理:
フィルタ処理条件の読み込み/保存
解析結果は追加形式で保存可能
微分積分 微分・積分回数
0:無, 1~2
解析結果は追加形式で保存可能。
その他
複数データファイルの一括変換 CSV形式ファイル,Excel 形式ファイル(XLS,XLSX),RPCIII形式ファイル
データファイル結合 同期運転(マスタ・スレーブ)で集録した複数データファイルを1 ファイルに結合
ファイル逆変換 CSV形式ファイルに変換したファイルを KS2 ファイルに変換
ファイル分割 複数ブロックのデータファイルを指定ブロック番号のデータだけ
1 ファイルに切り出し
一括解析処理 複数データファイルを同一条件で一括して解析処理(頻度解析,フィルタ処理,微分積分処理,)可能
複数ファイルの重ね書き表示 最大 16 個のデータファイルを時系列データとして重ね書き表示可能
データファイルごとに表示スタート位置を任意設定可能
複数KS2ファイルの CSV形式ファイル変換 インタバル測定等で集録された複数の KS2ファイルを,1つの CSV 形式ファイルに変換可能。
KS3ファイルのKS2 ファイル変換 複数 KS3 ファイルを一括で KS2 ファイルに変換
読込可能データファイル
ファイル形式 共和標準形式データファイル : KS1, KS2
高速サンプリングデータファイル : KS2
低速サンプリングデータファイル : KS2
FFT解析結果ファイル : CSV
頻度解析結果ファイル : HIS
AVIファイル : AVI
GPSデータファイル : NMEA
スタティック計測ファイル : CSV
ECANファイル : E4A

Page Top

ダウンロード