DAS-200A
データ解析ソフトウェア

DAS-200A

概要

データ解析ソフトウェアDAS-200Aは、集録データの再生・解析処理ソフトウェアです。DCS-100Aで集録した共和標準データファイル(KS1、KS2、KS3)のグラフ表示、数値表示および各種解析が行えます。

特長

●ひとつのデータファイルに対して、波形グラフ・FFT解析グラフ・統計演算・ヘッダ情報・数値一覧・表示条件の各画面を表示可能
●集録データファイルの切り出しおよびCSV形式ファイルへの変換が可能
●統計処理
●四則演算
●FFT解析
●頻度解析
●フィルタ処理
●微分積分処理
●グラフ表示、解析条件ファイルの読み込み/保存
●集録した動画再生機能
●プリンタ出力
●最大16個のデータファイルをグラフ表示可能

製品一覧

全て表示

DAS-200A
データ解析ソフトウェア

DAS-200A

仕様

動作環境
OS Windows® 8.1, Windows® 10
日本語/英語,32/64ビット対応
64ビットOSの場合,WOW64 (Windows 32-bit On Windows 64-bit) 環境で動作。
CPU Intel Core i5 2GHz相当以上
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024 × 768以上
データ再生
グラフ表示 4パターンの表示条件が設定可能
1,2,4グラフのいずれかで表示
Y-Timeグラフ 1グラフに最大16チャネル
Y軸でオートスケール表示可能
X-Yグラフ 1グラフ固定
X軸,Y軸共に任意4チャネル表示可能
X軸,Y軸共にオートスケール表示可能
全データ表示 4チャネル単位で全データを表示可能
数値データ表示 任意16チャネルの数値データを一覧表示
カーソル表示 カーソル位置の数値表示
2本のカーソル間の拡大表示可能
2本のカーソル間の最大値・最小値表示可能
スクロール Y-TimeグラフでX軸をスクロール可能
データファイル編集 データファイルの任意データ範囲と任意チャネルの切り出し。ファイル変換可能
データファイルのタイトル・コメント・チャネル条件の表示・編集可能
MAX/MINデータ表示 各チャネルの極大値・極小値を表示可能(最大5個)
極大値・極小値を中心とした前後400データをグラフ表示可能
KS2ファイル ブロック番号対応(1ブロック表示,全ブロック表示)
音声データ一覧と音声データ再生可能
再生操作 再生,逆再生,連続再生,コマ送り,逆コマ送り,再生開始位置・再生終了位置へ移動,再生開始位置・再生終了位置の設定,再生速度(0.1~20倍速)
測定データと動画,GPSデータの同時再生可能
AVIファイル 再生フレームレート設定,再生開始フレーム番号(時間)設定
GPSデータファイル 緯度,経度データを軌跡表示可能
デュアルサンプリングデータ デュアルサンプリングで集録したKS2ファイル
( 高速サンプリングデータファイル,低速サンプリングデータファイル)を同時再生可能
スタティック計測ファイル スタティック計測で集録したCSV形式ファイルを再生可能
ECANファイル ECAN-40A/EGPC-40AのCAN データを再生可能
KS2 ファイルとの同時再生,CSV 形式ファイルへのファイル変換
CTRS-CANファイル CTRS-100AのCANデータを再生可能
KS3 ファイルとの同時再生,CSV形式ファイルへのファイル変換
解析
統計演算 任意データ範囲の最大値,最小値,平均値,標準偏差を一覧表示
統計演算結果をCSV形式ファイルに保存可能
四則演算 最大2個のデータファイル内のチャネルで演算を行い,演算結果を新規データファイルに保存可能
演算式(200桁以内)を最大320式設定可能
入力可能な演算子・定数 加算:+, 減算:-,乗算:*,除算:/,べき乗:^,円周率:PI,括弧:()
入力可能な演算関数 SQR 平方根関数
ABS 絶対値関数
SIN  SIN 関数(正弦 角度:ラジアン単位)
COS COS 関数(余弦 角度:ラジアン単位)
TAN  TAN 関数(正接 角度:ラジアン単位)
ASIN  ASIN 関数(逆正弦 角度:ラジアン単位)
ACOS ACOS関数(逆余弦 角度:ラジアン単位)
ATAN ATAN 関数(逆正接 角度:ラジアン単位)
DSIN  DSIN関数(逆正弦 角度:度単位)
DCOS DCOS関数(逆余弦 角度:度単位)
DTAN DTAN関数(逆正接 角度:度単位)
LOG LOG関数(常用対数)
LN LN関数(自然対数)
EXP EXP関数(指数)
HMX 最大主ひずみ関数
HMN 最小主ひずみ関数
HSM 最大せん断ひずみ関数
SMX 最大主応力関数
SMN 最小主応力関数
SSM 最大せん断応力関数
DEG 主ひずみの方向関数
FFT解析 解析種類:リニアスペクトラム,パワースペクトラム,クロススペクトラム,自己相関,相互相関,コヒーレンス,伝達関数

解析データ数:256,512,1024,2048,4096,8192,6384,32768
窓関数:OFF,ハミング,ハニング,フェイエル,ブラックマン,ガウシアン
フィルタ:1,2,5,10,20,50,100,200,500,1000,2000Hz,FLAT
積分回数:0(無), 1~2
平均回数:0~(0:波形全体)
シフトデータ数:2以上
解析結果グラフ表示:
解析の種類      解析グラフ1        解析グラフ2

リニアスペクトラム  振幅(リニア), 振幅(対数) 位相
パワースペクトラム  振幅(リニア),振幅(対数) -
クロススペクトラム  振幅(リニア), 振幅(対数) 位相
自己相関       相関            -
相互相関       相関            -
コヒーレンス     コヒーレンス        -
伝達関数       振幅(リニア),振幅(対数) 位相

解析結果の保存は,CSV形式ファイル
頻度解析 種類:
極大値/極小値法
最大値/最小値法
1次元レインフロー法
振幅法
1次元時間率法
1次元レインフロー法 + 極大値/極小値法
1次元レインフロー法 + 最大値/最小値法
2次元レインフロー法

スライス数:
1次元型:10(±5)~256(±128)の偶数個
2次元型:10~50の偶数個

その他:スライス幅,ヒステリシス,オフセットの設定
解析結果グラフ表示:作表表示,作図表示(2次元レインフロー法時は3次元表示)
寿命予測処理 1次元レインフロー法,2次元レインフロー法, 振幅法で得られた頻度解析結果から寿命予測を行い,その結果を表示,ファイルに保存可能
(S-Nデータファイルの読み込みが可能)
フィルタ処理 デジタルフィルタ:IIRフィルタ
特性:4次のバタワース(カットオフ:-6dB,位相遅れ無)
ハイパス・ローパスフィルタ:FLAT~500kHz(サンプリング周波数の1/2まで設定可能)

ミラーリング処理
解析結果は追加形式で保存可能
微分・積分 微分・積分回数:
0:無,1~2
解析結果は追加形式で保存可能
その他
複数データファイルの一括変換 CSV形式ファイル,Excel 形式ファイル(XLS,XLSX),RPCIII形式ファイル
データファイル結合 同期運転(マスタ・スレーブ)で集録した複数データファイルを1ファイルに結合
ファイル逆変換 CSV形式ファイルに変換したファイルを KS2 ファイルに変換
ファイル分割 複数ブロックのデータファイルを指定ブロック番号のデータだけ1ファイルに切り出し
一括解析処理 複数データファイルを同一条件で一括して解析処理(頻度解析,フィルタ処理,微分積分処理)可能
複数ファイルの重ね書き表示 最大 16 個のデータファイルを時系列データとして重ね書き表示可能
データファイルごとに表示スタート位置を任意設定可能
複数KS2ファイルの CSV形式ファイル変換 インタバル測定等で集録された複数の KS2ファイルを,1つの CSV 形式ファイルに変換可能。
KS3ファイルのKS2 ファイル変換 複数 KS3 ファイルを一括で KS2 ファイルに変換
読み込み可能データファイル
ファイル形式 共和標準形式データファイル : KS1,KS2,KS3
高速サンプリングデータファイル : KS2
低速サンプリングデータファイル : KS2
FFT解析結果ファイル : CSV
頻度解析結果ファイル : HIS
AVIファイル : AVI
GPSデータファイル : NMEA
スタティック計測ファイル : CSV
ECANファイル : E4A
CTRS-CAN ファイル : KC3

Page Top

備考

主な対応計測器は、CTRS-100シリーズ、EDX-10シリーズ、EDX-100A、EDX-200A、EDX-5000A、PCD-400/430A、UCAM-550AおよびNTB-500Cです。

※KS3ファイルをKS2ファイルに変換することも可能(CTRS-100シリーズのSDカードに集録されたデータはKS3ファイルとなります。)

デジタルブック

ダウンロード