DCS-100Aシリーズ
ダイナミックデータ集録ソフトウェア

DCS-100A

概要

測定データを多彩なグラフウィンドウや数値ウィンドウでモニタ
効率良く集録

DCS-100Aを使用すると各種条件設定を対話形式で容易に設定、測定データを多彩なグラフウィンドウや数値ウィンドウでモニタでき、必要なデータを効率良く集録できます。
制御対象計測器は、CTRS-100A、EDS-400A、EDX-10シリーズ、EDX-100A、EDX-200A、EDX-5000A および PCD-400/430A、UCAM-550A、NTB-500Aです。

特長

●制御対象の計測器に依存しない共通の操作性
 基本的な操作方法は制御する計測器に依存しないため、計測器が変更になっても容易に使用することができる。
●Y-Time、X-Y、バーメータ、円メータ、数値表示可能
●日本語/英語Windows対応
●測定条件の設定から、集録、データ再生まで可能
  本ソフトウェアのみで測定条件の設定、集録、データ回収、データ再生、ファイル変換まで可能。集録データの解析には、別売のDIAdem、 DAS-200Aを用意。
●パソコンのハードディスクを使用した大容量データの集録が可能
●集録データの自動回収が可能
●ツールバー、ファンクションキー、操作パネルにより容易な操作が可能
●データ再生時に、共和標準データファイル(KS2)からCSV、Excel形式に変換可能

製品一覧

全て表示

DCS-100A
ダイナミックデータ集録ソフトウェア

DCS-100A

共通仕様

動作環境
OS Windows® 7 ,Windows® 8.1,Windows® 10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU Corei5 2GHz 以上推奨
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
モニタ画面
時系列グラフ X軸は時間軸,Y軸は物理量で,最大16チャネル表示可能
1ウィンドウに1~10グラフ表示可能
時系列(全チャネル)グラフ X 軸は時間軸,Y 軸は物理量で,全測定チャネルを同一色ラインで表示可能
時系列(DIV)グラフ X軸は時間軸,Y軸は物理量で,最大16チャネル表示可能
表示チャネルの零点位置をY軸分割線上の任意の位置に配置可能
X-Yグラフ X軸・Y軸共に最大8チャネルの組み合わせでグラフ表示可能
Barグラフ 1グラフ最大32チャネル,1ウィンドウで1~4グラフ表示
ピークホールドの表示可能(ピーク値の数値表示可能)
円メータ 任意1チャネルのデータを円メータで表示
Barメータ 任意1チャネルのデータを横向き/縦向きで表示
数値表示 任意1チャネル表示,任意16チャネル表示,全チャネル表示
(各チャネルの最大値・最小値表示可能)
入力オーバ表示 入力オーバチャネルの数値を赤色で表示可能
グラフスケール 時系列のグラフのY軸,X-YグラフのX軸・Y軸,BarグラフのY軸で,オートスケール・フルスケール表示可能
時系列グラフのY軸を,1軸・2軸・チャネル別に切り換え可能
画面表示色 ウィンドウ単位で任意に変更可能
タイトル,ラベル タイトルとX軸/Y軸のラベルを任意に設定可能
同時表示個数 数値ウィンドウ:32個,各種グラフウィンドウ:32個
数値ウィンドウとグラフウィンドウを合わせて64個
まで同時表示可能
(データ再生で表示しているグラフウィンドウ/数値ウィンドウも含む)
※PCのCPU速度,搭載メモリ容量により最大数まで表示できない場合もあります。
補助線 時系列グラフ,X-Yグラフ,BarグラフのX軸・Y軸に,任意補助線を表示可能
(X軸・Y軸毎に最大4本表示可能)
比較データ表示 時系列グラフ(全チャネル,DIV除く),X-Yグラフで,比較データ(過去に集録したKS2データ)を表示して,モニタデータを前回のデータと比較することが可能
表示可能なデータファイルサイズは,最大10MB
10MBを超える場合には,先頭から10MB分のデータを表示可能
デュアルディスプレイ対応 数値・グラフウィンドウをサブディスプレイに移動可能
チャネル条件/測定条件
設定範囲 制御する計測器の仕様に準ずる
TEDS情報 TEDS情報の読み込み,チャネル条件への自動設定
(TEDS対応計測器のみ)
測定条件ファイルの保存と読み込み 設定した測定条件の保存と読み込みが可能
チャネル条件でセンサ情報ファイル(CSV形式ファイル)の保存と読み込みが可能
データ確認
時系列グラフ X軸は時間軸,Y軸は物理量表示で,最大16チャネル表示可能
1ウインドウに1~10グラフ表示可能
時系列(DIV)グラフ X軸は時間軸,Y軸は物理量で,最大16チャネル表示可能
表示チャネルの零点位置をY軸分割線上の任意の位置に変更可能
X-Yグラフ X軸,Y軸共に最大8チャネルの組み合わせでグラフ表示
数値表示 一覧表示
画面表示色 グラフ単位で任意に変更可能
タイトル,ラベル タイトルとX軸/Y軸のラベルを任意に設定可能
同時表示ウィンドウ数 数値ウィンドウ:最大32個,
各種グラフウィンドウ:最大32個
数値ウィンドウとグラフウィンドウを合わせて最大64個表示可能
(モニタ画面で表示しているグラフウィンドウ/数値ウィンドウも含む)
※PCのCPU速度,搭載メモリ容量により最大数まで表示できない場合もあります。
表示可能なファイルサイズ グラフ/数値表示で一度に表示可能なデータファイルサイズは最大10MB。10MBを越える場合は,表示範囲を設定して,任意範囲の10MBのデータを表示可能
ファイル変換 任意範囲,任意チャネルのファイル切り出し,任意形式(CSV 形式,XLS 形式,XLSX 形式,RPCⅢ形式)への変換が可能
補助線 時系列グラフ,X-Yグラフ,BarグラフのX軸・Y軸に,任意補助線を表示可能。(X軸・Y軸毎に最大4本表示可能)
最大値・最小値・平均値 時系列グラフで,グラフ表示範囲の最大値・最小値・平均値を表示可能
(表示チャネル数が2チャネル以下の場合に表示可能)
デュアルディスプレイ対応 数値・グラフウィンドウをサブディスプレイに移動可能。
環境設定
データファイル保存先 計測器のメディア
サンプリング周波数および測定チャネル数によっては直接PCのハードディスクに保存することも可能
自動ファイル回収 測定終了後に,自動的にPC フォルダへ集録したデータファイルを回収
自動ファイル変換 測定終了後に,自動的に任意形式(CSV形式,XLS形式,XLSX形式,RPCⅢ形式)への変換を行う
任意単位設定 ユーザ設定の任意単位を3種類登録可能
集録中のPAUSE機能 無効にする/しないの設定可能
データファイル
保存形式 共和標準ファイルフォーマット(KS2)
ファイル結合 同期運転により各制御機器に集録されたデータファイルを,回収時に1ファイルに結合

EDS-400A制御仕様

動作環境
制御可能台数 最大8台(最大32チャネル)
制御インタフェース LAN
集録 測定データは,EDS-400AのCF カード,PCフォルダにKS2ファイルで保存
チャネル条件設定 測定チャネル,測定モード(ひずみ/電圧),レンジ,ゼロサプレスON/OFF,テスト信号出力ON/OFF,校正係数,オフセット,単位,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力,数値表示桁数
(任意に表示項目の選択が可能)
パラメータの設定・読み込み EDS-400Aの内部パラメータの読み込みと設定が可能
ファイル回収 PCからLAN経由で,EDS-400AのCFカード内のKS2ファイル回収
CFカードをPCに挿入して,KS2ファイル回収
ファイル削除 PCからLAN 経由で,EDS-400AのCFカード内のKS2ファイル削除
環境設定
ハードウェア構成設定 接続台数,機器名称の設定
EDS-400Aからハードウェア構成の読み込みが可能
通信チェック EDS-400Aのバージョン読み込みを行う
EDSのIPアドレス設定 PC からLAN 経由でEDS-400A に設定
CFカードへのIP アドレス設定ファイルの保存
EDS-400AのCFカードに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~100kHz(測定チャネル数により異なる)
データファイルサイズ 最大2GB(測定チャネル数により異なる)
測定モード マニュアル,アナログトリガ,外部トリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
トリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止
トリガ条件
 終了トリガ 設定不可
 ディレイ量 トリガ前ディレイ量 最大2000データ
トリガ前ディレイ時間はサンプリング周波数により異なる
 トリガチャネル 任意1チャネル
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり,立ち上がり/立ち下がり
PCフォルダに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~10kHz
データファイルサイズ ハードディスク容量まで
測定モード マニュアル,インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
(集録中,PAUSEにより中断可能)
インタバル測定 集録開始時刻と集録間隔の設定により自動的に集録
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止
トリガ条件
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/終了共に最大32000データ
*ディレイ量は測定チャネル数により異なる
 トリガチャネル 任意1チャネル
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり,立ち上がり/立ち下がり

EDX-100A制御仕様

制御可能台数 最大8台(最大256チャネル)
制御インタフェース LAN,USB
集録 測定データは,EDX-100AのCFカード,PCフォルダにKS2ファイルで保存
チャネル条件設定 測定ON/OFF,モード,レンジ,ハイパスフィルタ,ローパスフィルタ,バランスON/OFF,CALレンジ,CAL ON/OFF,校正係数,オフセット,単位,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力,数値表示桁数,内部感度登録ON/OFF,オフセットゼロON/OFF(任意に表示項目の選択が可能)
TEDS対応 TEDS情報の読み込み,チャネル条件への自動設定
ファイル回収 PCからLAN,USB経由で,EDX-100AのCFカード内のKS2ファイル回収
CFカードをPCに挿入して,KS2ファイル回収
ファイル削除 PCからLAN,USB経由で,EDX-100AのCFカード内のKS2ファイル削除
サンプリング周波数 1Hz~100kHz(測定チャネル数により異なる)
パラメータの設定・読み込み EDX-100Aの内部パラメータの読み込みと設定が可能
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録
トリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/終了共最大262144データ
(ディレイ量は測定チャネル数により異なる)
CFカードにデータ集録する場合の測定条件
データファイルサイズ 最大2GB
外部トリガ条件
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
複合トリガ条件
 トリガソース マスタEDX-100Aの任意の2チャネルと外部トリガから選択
 AND/OR 設定したトリガチャネルおよび外部トリガは,AND/ORにより論理判別可能
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
PCのハードディスクにデータ集録する場合の条件
データファイルサイズ ハードディスク容量まで
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV形式ファイルに追加保存する
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能

EDX-10シリーズ制御仕様

制御可能台数 最大4台(最大16チャネル)
制御インタフェース USB
集録 測定データは,PCフォルダにKS2ファイルで保存
チャネル条件 測定ON/OFF,モード,レンジ,ローパスフィルタ,バランス,校正係数,オフセット,単位,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力,数値表示桁数,上限チェック値,下限チェック値
(任意に表示項目の選択が可能)
サンプリング周波数 1Hz~20kHz(1/2/5系列)
*測定チャネル数による制限有
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間あるいは,集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録を行う
インタバル測定 集録開始日時,集録間隔の設定により自動的に集録を行う
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止を行う
トリガ条件
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/終了共に最大262144データ/チャネル
*ディレイ量は,測定チャネル数により異なる
 トリガチャネル 任意1チャネル
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV形式ファイルに追加保存
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能
環境設定
ハードウェア構成設定 機器名称,測定ユニットの設定。 EDX-10Bに機器名称の設定が可能。EDX-10Bからハードウェア構成の読み込みが可能。

EDX-200A制御仕様

制御可能台数 最大8台(最大256チャネル)
制御インタフェース LAN,USB
計測データの保存先 測定データはEDX-200AのCFカード,PCハードディスクに保存(KS2ファイルで保存)。
チャネル条件設定 測定ON/OFF,モード,レンジ,ハイパスフィルタ,ローパスフィルタ,バランスON/OFF,CALレンジ,CAL ON/OFF,校正係数,オフセット,単位,チャネル名称,測定範囲,数値表示桁数,定格容量,定格出力,上限チェック値,下限チェック値,内部感度登録ON/OFF,オフセットゼロON/OFF,デジタルフィルタ,サンプリング周波数(デュアルサンプリングの高速,低速,高速+低速を選択)(任意に表示項目の選択が可能)
オプションカード対応 ECAN-40A
 CANデータ集録(注1) 
 DIO設定(注3)

ETIM-40A
 インタバル(GPS同期)測定(注1),(注2) 
 ポイントゼロ(マニュアル)測定(注1),(注2)
 GPSデータ集録(注1),(注2)
 DIO設定(注3)

EGPC-40A
 CANデータ集録(注1) 
 インタバル(GPS同期)測定(注1),(注2)
 ポイントゼロ(マニュアル)測定(注1),(注2) 
 GPSデータ集録(注1),(注2)
 DIO設定(注3)

注1: データの保存先をCFカードに設定することが必要
注2: 同期運転の場合,マスタEDX に実装することが必要
注3:リモコン入力の場合
(1) データの保存先をCFカードに設定することが必要 
(2) 同期運転の場合,マスタEDXのみ設定が可
CANデータ集録 1台あたり最大512チャネルのCANデータを集録可能
(CANデータは,EDX-200A のCFカードにE4Aファイルで保存)
ポイントゼロ(マニュアル)測定 複数のEDX-200Aでマニュアル測定を行い,GPS衛星から受信した時刻データを使用してゼロ秒時刻(msecが0の時刻)に集録を開始することが可能
インタバル(GPS 同期)測定 GPS衛星から受信した時刻データを使用して集録開始
時刻を合わせて,複数のEDX-200A で同時刻に同期したデータを集録可能
GPSデータ集録 GPSデータ(緯度,経度,速度,方位等)をモニタ,集録可能
GPSデータは,EDX-200A のCFカードにNMEA形式ファイルで保存
DIO設定
 入出力点数 最大8点
 入出力設定 ビット毎にデジタル入力/デジタル出力/リモコン入力の設定が可能
CFカードにデータ集録する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~100kHz(1/2/5 系列,2n系列,外部クロック)
*測定チャネル数による制限有
デュアルサンプリング対応(高速/低速サンプリングを設定可能) 
データファイルサイズ 最大4GB
 測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ,外部トリガ,複合トリガ
 マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
 インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録
 トリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/終了(トリガ基準値が固定の絶対トリガ)
  終了トリガ 設定可能
  ディレイ量 開始/終了共最大262144データ/チャネル
(ディレイ量は測定チャネル数により異なる)
  トリガチャネル 任意1チャネル
  トリガレベル 物理量により設定
  トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
 外部トリガ条件
  トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
 複合トリガ条件
  トリガソース アナログチャネル(マスタEDXの任意4チャネル),
外部トリガ,マニュアルトリガから選択
  AND/OR トリガソースをAND/ORにより論理判別可能
  トリガレベル 物理量により設定
  トリスロープ 立ち上がり,立ち下がり
 繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能
PCのハードディスクにデータ集録する場合の条件
サンプリング周波数 1Hz〜100kHz(1/2/5系列,2n系列,外部クロック)
データファイルサイズ ハードディスク容量まで
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV形式ファイルに追加保存
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能

NTB-500A制御仕様

制御可能台数 最大8 台(最大64 チャネル)
制御インタフェース CAN USB/CAN変換器(Kvaser Leaf Light HS V2)を使用
集録 PCのハードディスクにKS2ファイルで集録
チャネル条件 測定チャネルモード,レンジ,ZERO,校正係数,オフセット,単位,測定ON/OFF, 数値表示桁数,上限チェック値,下限チェック値,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力
(任意に表示項目の選択が可能)
サンプリング周波数 1Hz~1kHz(通信ケーブル長, チャネル数による制限あり)
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数設定),インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
インタバル測定 集録開始日時と集録間隔の設定により自動的に集録
(STEP数5,STEP毎に集録間隔を変更可能)
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/終了共に最大262144データ/チャネル
*ディレイ量は,測定チャネル数により異なる
 トリガチャネル 任意1チャネル
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
TEDS対応 TEDS情報の読み込み,チャネル条件への自動設定
盛り替え処理 変位計を使用する場合に,移動後のデータを移動前のデータに変更する処理が可能
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV 形式ファイルに追加保存
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2 ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能
パラメータの設定・読み込み NTB-500Aの内部パラメータの読み込みと設定が可能
環境設定
ハードウェア構成 接続台数,通信ケーブル長,機器名称,測定ユニットの設定
NTB-500Aから測定ユニット構成の読み込み可能

UCAM-550A制御仕様

制御可能台数 最大6台(最大300チャネル),別売DCS-106Aをインストールした場合,最大20台(最大1000チャネル)
制御インタフェース LAN
集録 測定データは,PC フォルダにKS2ファイルで保存
サンプリング周波数 1,2,10,20,50Hz
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数設定),インタバル,アナログトリガ
測定ファンクション メジャー:測定値=センサ出力値-イニシャル値
オリジナル:測定値=センサ出力値
校正係数演算 全チャネル一括でON/OFF設定
校正係数演算:測定値×校正係数+オフセット
チャネル条件 測定,モード,レンジ,校正係数,オフセット,単位,イニシャル値,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力,数値表示桁数,上限チェック値,下限チェック値
(任意に表示項目の選択が可能)
イニシャル値設定 各センサのイニシャル値を測定
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
インタバル測定 集録開始時間と集録間隔の設定により自動的に集録
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止
 アナログトリガ条件
  終了トリガ 設定可能
  ディレイ量 開始/終了共に最大3000データ/チャネル
  トリガチャネル 任意1チャネル
  トリガレベル 物理量により設定
  トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
盛り替え処理 変位計を使用する場合に,移動後のデータを移動前のデータに変更する処理が可能
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV 形式ファイルに追加保存
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
バーンアウトチェック バーンアウトチェックが可能(USM-51B/52Bのみ)
TEDS対応 TEDS情報の読み込み,チャネル条件への自動設定
(USM-51B/52Bのみ)
パラメータの設定・読み込み UCAM-550Aの内部パラメータの読み込みと設定が可能
環境設定
ハードウェア構成 接続台数,機器名称,IPアドレスの設定
UCAM-550Aから測定ユニット構成の読み込みが可能
通信チェック UCAM-550Aのバージョン読み込みを行う

PCD-400A PCD-430A制御仕様

制御可能台数 最大4台(最大16チャネル)
制御インタフェース USB
集録 測定データはPCハードディスクに保存
(KS2ファイルで保存)
チャネル条件設定 測定ON/OFF,ひずみモード,レンジ,ローパスフィルタ,
ハイパスフィルタ,バランスON/OFF,校正係数,
オフセット,ゲージ率,単位,チャネル名称,測定範囲,
小数点以下桁数,定格容量,定格出力,上限チェック値,
下限チェック値,オフセットゼロON/OFF(任意に表示
項目の選択が可能)
サンプリング周波数 1Hz~10kHz(1/2/5系列)
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間,あるいは集録データ数指定によりRECから指定したデータ数まで集録
インタバル測定 集録開始時間と集録間隔の設定により自動的に集録
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止(トリガレベル値は固定)
トリガ条件
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/停止共に最640000データ/チャネル
 トリガチャネル 任意の測定チャネル(1チャネル)
 トリガレベル 物理量により設定
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1つのCSV形式ファイルに追加保存
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能
繰り返し集録 長時間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能
ハードウェア構成 PCD-400A/430Aにユニット名称の設定が可能
PCD-400A/430Aから接続台数の読み込み可能
データファイル自動変換 測定終了時に自動ファイル変換(CSV,XLS,XLSX,RPCⅢ形式)
任意単位設定 ユーザが任意に設定可能な単位を3種類登録可能

EDX-5000A制御仕様

接続台数 最大 10 台(最大アナログ800チャネル,デジタル10チャネル)
*EDX-5000A+EDX-3000B,あるいはEDX-5000A+EDX-200Aで同期運転可能。
EDX-200Aとの同期運転時は最大8 台。
インタフェース LAN(100BAST-TX, 1000BASE-T)
集録 測定データは,EDX-5000A のデータドライブ,パソコンフォルダにKS2ファイルで保存。
チャネル条件 測定ON/OFF,モード,レンジ,ハイパスフィルタ,ローパスフィルタ,バランスON/OFF,CAL レンジ,CAL ON/OFF,校正係数,オフセット,単位,チャネル名称,測定範囲,定格容量,定格出力,数値表示桁数,上限チェック値,下限チェック値,内部感度登録 ON/OFF,オフセットゼロ ON/OFF,デジタルフィルタ(ハイパス,ローパスを任意カットオフ周波数で設定可能)
(任意に表示項目の選択が可能)
TEDS対応 TEDS 情報の読み込み,チャネル条件への自動設定。
パラメータの設定・読み込み EDX-5000Aの内部パラメータの読み込みと設定が可能。
ファイル回収 EDX-5000Aのデータドライブ内のファイル回収。(KS2,E4A,NMEA)
ファイル削除 EDX-5000Aのデータドライブ内のファイル削除。(KS2,E4A,NMEA)
環境設定
 ハードウェア構成設定 接続台数,機器名称の設定。
 通信チェック EDX-5000A接続状態確認およびバージョン表示。
 機器確認 EDX-5000A前面のLED 点灯が可能。
 その他 オシレータの切り替え(内部,外部),動作ビープ音,
バランス規格値,AD データフォーマット(16/24ビット)
DIO設定
 入出力点数 最大8 点
ビット毎にデジタル入力/デジタル出力/リモコン入力の設定が可能。
EDX-5000Aのデータドライブに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~200kHz(1/2/5 系列,2n系列,外部クロック)
*測定チャネル数・接続台数による制限有。
集録可能ファイルサイズ 内蔵ディスク容量まで集録可能。
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ,外部トリガ,複合トリガ
マニュアル測定 RECからSTOP間あるいは,集録データ数指定によりREC から指定したデータ数まで集録を行う。
インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録を行う。
トリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止を行う。
共通のトリガ条件
 終了トリガ 設定可能。
 ディレイ量 開始/終了共に最大4194304 データ
*ディレイ量は,測定チャネル 数により異なる。
アナログトリガ条件
 トリガチャネル マスタEDX の任意1チャネル
 トリガレベル 物理量により設定。
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
デジタルトリガ条件
 トリガビット マスタEDX の任意1 ビット
 トリガレベル 0,1
外部トリガ条件
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
複合トリガ条件
 トリガソース アナログチャネル(マスタEDX の任意4チャネル),外部トリガ,ECAN トリガ,マニュアルトリガから選択。
トリガソースをAND/OR により論理判別可能。
 トリガレベル 物理量で設定。
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2ファイルに保存する。
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能。
EGPC-50A組み込み時
 CANデータ集録 1台あたり最大512チャネルのCANデータを集録可能。
(CAN データは,EDX-5000AのデータドライブにE4Aファイルで保存。)
 ポイントゼロ(マニュアル)測定 GPS衛星から受信した時刻データを使用してゼロ秒時刻(msec が0の時刻)にマニュアル測定を開始することが可能。
 インタバル(GPS同期)測定 GPS衛星から受信した時刻データを使用してゼロ秒時刻(msec が0の時刻)にインタバル測定を開始することが可能。
 GPSデータ集録 GPS データ(緯度,経度,速度,方位等)をモニタ・集録可能。
GPSデータはEDX-5000AのデータドライブにNMEA ファイルで保存。
パソコンフォルダに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~10kHz(1/2/5 系列,2n系列,外部クロック)
*測定チャネル数・接続台数による制限有。
集録可能ファイルサイズ 保存ディスク容量まで集録可能。
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 REC からSTOP 間あるいは,集録データ数指定によりREC から
指定したデータ数まで集録を行う。
インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録を行う。
アナログトリガ測定 設定したトリガ条件により集録の開始/停止を行う。
 終了トリガ 設定可能
 ディレイ量 開始/終了共に最大4194304 データ
*ディレイ量は,測定チャネル数により異なる。
 トリガチャネル 任意1チャネル
 トリガレベル 物理量で設定。
 トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2 ファイルに保存する。
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能。

CTRS-100A制御仕様

接続台数 最大 4 台(最大アナログ128チャネル)
対応ユニット 測定ユニット:CTRS-CDV010A(ひずみ/電圧)
拡張ユニット:CTRS-BATT010A(バッテリ),CTRS-SYNC010A(同期)
インタフェース USB(USB2.0 High Speed), Ethernet(10/100BASE-T)
*Ethernet 接続は別途同期ユニットと専用通信ケーブルが必要。
集録 測定データは,CTRS-100A のSD カード,パソコンフォルダに保存。
CTRS-100A のSD カード保存の場合,CTRS-100A のSD カードにKS3 ファイルで保存し,パソコン回収時にKS2 ファイル(01.06)に変換。
パソコンフォルダ保存の場合,KS2 ファイル(01.06)で保存。
CH 条件 測定ON/OFF,モード,レンジ(任意レンジ入力対応),ハイパスフィルタ,ローパスフィルタ,バランスON/OFF/NONE,入力抵抗チェックON/OFF,校正係数,オフセット,ケーブル補正値,オフセットゼロ値,単位,チャネル名称,測定範囲(任意入力対応),定格容量,定格出力,数値表示桁数,上限チェック値,下限チェック値,オフセットゼロ ON/OFF,TEDS ユーザデータ,TEDS センサ 製造番号,TEDS センサ型式、TEDS ROMID
(任意に表示項目の選択が可能)
TEDS 対応 TEDS 情報の読み込み,チャネル条件への自動設定。
入力オーバーリセット 入力オーバー判定をクリアすることが可能。
オフセットゼロ 現在の測定データをアナログチャネルのオフセットゼロ値に代入し,見かけ上の測定データを0 にすることが可能。
パラメータの設定・読み込み CTRS-100A の内部パラメータの読み込みと設定が可能。
測定条件ファイルの保存・読み込み 測定条件,数値・グラフ表示条件を条件ファイル(拡張子C1H)に保存し,読み込みが可能。
CTRS-100A 条件ファイルの保存・読み込み CTRS-100A のSD カードに保存する条件ファイル(拡張子SET)の読み込みと保存が可能。
ファイル回収 CTRS-100A のSD カード内のKS3 ファイルをKS2 ファイルに変換して回収。
ファイル削除 CTRS-100A のSD カード内のKS3 ファイル削除。
SD カードフォーマット CTRS-100A のSD カードフォーマット。
環境設定
ハードウェア構成設定 インタフェース選択,接続台数,機器名称の設定。
通信チェック CTRS-100A 接続状態確認およびバージョン表示。
機器確認 CTRS-100A 前面の LED 点灯が可能。
その他 リモートコントロールユニットの動作ビープ音,バランス規格値,PAUSE ON/OFF,ハードウェア詳細情報表示
CTRS-100A のSD カードに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~100kHz(1/2/5 系列,2n 系列,外部クロック)
*測定チャネル数による制限有。
集録可能データ数 1,000,000,000 データ
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ,外部トリガ,マニュアルトリガ,複合トリガ
マニュアル測定 REC から STOP 間あるいは,集録データ数指定により REC から指定したデータ数まで集録を行う。
集録開始日時設定可能。
インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録を行う。
トリガ測定
  設定したトリガ条件により集録の開始/停止を行う。
共通のトリガ条件 終了トリガ : 設定可能。
ディレイ量 : 開始/終了共に最大 524,288 データ
*ディレイ量は,測定チャネル数により異なる。
アナログトリガ条件 トリガCH : マスタの任意 1チャネル
トリガレベル : 物理量により設定。
トリガスロープ : 立ち上がり,立ち下がり
外部トリガ条件 トリガスロープ : 立ち上がり,立ち下がり
マニュアルトリガ複合トリガ条件 トリガソース : アナログチャネル(マスタの任意4チャネル),外部トリガ,マニュアルトリガから選択。
トリガソースをAND/OR により論理判別可能。
トリガレベル : 物理量で設定。
トリガスロープ : 立ち上がり,立ち下がり
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS3 ファイルに保存する。
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能。
データファイル ファイル名,ファイルタイトル,付与規則(ファイル番号,集録開始時間),ファイル番号(3~5 桁)
パソコンフォルダに測定データを保存する場合の測定条件
サンプリング周波数 1Hz~100kHz(1/2/5 系列,2n 系列,外部クロック)
*測定チャネル数による制限有。
集録可能ファイルサイズ 保存ディスク容量まで集録可能。
測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
マニュアル測定 REC からSTOP 間あるいは,集録データ数指定によりREC から
指定したデータ数まで集録を行う。
インタバル測定 集録開始時間,集録間隔の設定により自動的に集録を行う。
アナログトリガ測定
  設定したトリガ条件により集録の開始/停止を行う。
終了トリガ 設定可能。
ディレイ量 開始/終了共に最大524,288 データ
*ディレイ量は,測定チャネル数により異なる。
トリガCH 任意1チャネル
トリガレベル 物理量で設定。
トリガスロープ 立ち上がり,立ち下がり
スタティック計測 集録が開始される毎に,移動平均処理を行った測定データを1 つのCSV 形式ファイルに追加保存する。
*測定モードがマニュアル,インタバルの場合に可能。
繰り返し集録 長期間の集録で,一定データ数毎(一定時間毎)にKS2 ファイルに保存する。
*測定モードがマニュアル(集録データ数指定)の場合に可能。
データファイル ファイル名,ファイルタイトル,付与規則(ファイル番号固定),
ファイル番号(4 桁固定)

DCS-101A
動画集録/四則演算オプションソフトウェア

DCS-101A

仕様

動作環境
対応測定器 EDX-5000A,EDX-100A,EDX-200A,EDX-10シリーズ,PCD-400A/430A,EDS-400A,UCAM-550A,NTB-500A
OS Windows® 7 ,Windows® 8.1,Windows® 10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU Corei5 2GHz 相当以上
*動画集録,四則演算,FFT 解析を同時使用する場合には,Corei5 3GHz 相当以上のCPU が必要。
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
動画集録
使用カメラ DirectX対応Webカメラ(OSがイメージングデバイスとして認識するWebカメラ)
使用カメラ台数 1台
解像度サイズ 最大640×480
フレームレート 最大30fps
保存フャイル形式 AVIファイル
動画キャプチャウィンドウ数 1ウィンドウ
操作 測定動作と連動して,動画データのモニタ・集録が可能。
ズーム可能。
*解像度サイズ,フレームレートは,使用カメラにより決定される。
動画集録時の測定条件
 対象制御機器 EDX-100A,EDX-200A,EDX-10B,EDS-400A,UCAM-550A,NTB-500A,PCD-400A シリーズ,EDX-5000A,CTRS-100A
 測定モード データファイル保存先がPCの場合:マニュアル,マニュアル(集録データ数指定)
データファイル保存先が制御機器の場合:マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),トリガ
*実際に設定可能な測定条件は,上記に加えて制御機器の制限が加わる。
動画再生
再生可能ファイル形式 AVIファイル
同時表示可能なファイル数 1ファイル
動画再生ウィンドウ数 1ウィンドウ
操作 再生・停止・一時停止・コマ送り・逆コマ送り,ズーム,再生速度変更
カーソル同期表示 動画データとグラフ波形のカーソルを連動して再生可能
四則演算
演算チャネル数 最大32チャネル
*EDX-5000Aを制御する場合,最大64チャネル。
演算チャネル条件 演算ON/OFF,演算式(半角200文字以内),単位,数値表示桁数,チャネル名称(半角40文字以内),演算ゼロ,演算ゼロ値
印刷 演算チャネル条件を印刷・プレビュー可能。
読み込み・保存 演算チャネル条件を演算チャネル条件ファイルとして読み込み・保存可能。
マトリックス条件を条件ファイル(CSV形式ファイル)として読み込み・保存可能。
動作 測定データと同時に,演算チャネルデータをモニタ・集録することが可能。
演算チャネルデータは,測定データと同じKS2ファイルに保存。
演算式
 入力可能なチャネル 番号 測定チャネル,演算チャネル
 入力可能な演算子・ 定数 加算:+,減算:-,乗算:*,除算:/,べき乗:^, 円周率:PI,括弧:( )
 入力可能な演算関数 SQR 平方根関数
ABS 絶対値関数
SIN SIN関数
COS COS関数
TAN TAN関数
ASIN ASIN関数(戻り値:ラジアン)
ACOS ACOS関数(戻り値:ラジアン)
ATAN ATAN関数(戻り値:ラジアン)
DSIN DSIN関数(戻り値:角度)
DCOS DCOS関数(戻り値:角度)
DTAN DTAN関数(戻り値:角度)
LOG LOG関数(常用対数)
LN LN関数(自然対数)
EXP EXP関数(指数)
HMX 最大主ひずみ関数
HMN 最小主ひずみ関数
HSM 最大せん断ひずみ関数
SMX 最大主応力関数
SMN 最小主応力関数
SSM 最大せん断応力関数
DEG 主ひずみの方向関数
四則演算の測定条件
 対象制御機器 EDX-100A,EDX-200A,EDX-10B,EDS-400A,UCAM-550A,NTB-500A,PCD-400A シリーズ,EDX-5000A,CTRS-100A
 データファイル保存 先 PCフォルダ
*制御するEDX-5000Aが1台の場合,EDX-5000Aのデータドライブに保存可能。
 測定モード マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),インタバル,アナログトリガ
 サンプリング周波数 最大10kHz
*実際に設定可能な測定条件は,上記に加えて制御機器の制限が加わる。
 その他 EDX-100A,EDX-200Aを制御してCAN測定をう場合,四則演算の使用不可。
FFT解析
解析種類 リニアスペクトラム,パワースペクトラム,クロススペクトラム,自己相関,相互相関
解析データ数 256, 512, 1024, 2048, 4096, 8192
窓関数 方形,ハミング,ハニング,フェイエル,ブラックマン,ガウシアン
解析チャネル数 1ウィンドウで最大4チャネル,ウィンドウを最大8個表示可能。
解析結果グラフ 解析の種類     解析結果グラフ

リニアスペクトラム  振幅(リニア),振幅 (対数),位相
パワースペクトラム  振幅(リニア),振幅 (対数)
クロススペクトラム  振幅(リニア),振幅 (対数),位相
自己相関       相関
相互相関       相関
保存 解析結果をDAS-200AのFFT解析結果ファイル形式(CSV形式)で保存可能。
FFT解析時の測定条件
対象制御器 EDX-100A,EDX-200A,EDX-10B,EDS-400A,NTB-500A,PCD-400A シリーズ,EDX-5000A,CTRS-100A
  *実際に設定可能な測定条件は,制御機器の制限が加わります。

DCS-104A
GPSデータ集録オプションソフトウェア

仕様

動作環境
OS Windows Vista®,Windows® 7 ,Windows® 8/8.1,Windows® 10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU Core2Duo 2GHz以上推奨
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
GPSデータ集録
GPSデータ表示 モニタ・集録中に,緯度,経度,進行方向,速度,受信状態,受信衛星数を任意に選択して表示可能
GPSデータファイルフォーマット NMEA-0183(拡張子:NMEA)
集録データのKS2ファイルとは別ファイルで同一フォルダに保存
ファイル名はKS2ファイルと同名ファイル
使用可能なGPSレシーバ
インタフェース RS-232C接続あるいはUSB接続
(USB接続の場合はUSB→シリアル変換のドライバによりRC-232C接続と同等に扱えるもの)
RS-232C接続で,PCにCOMポートが無い場合は,RS-USB変換アダプタを使用する
出力フォーマット NMEA-0183
測地系 WGS-84
接続台数 1台
動作確認機種 HOLUX社 コメットUSB/3XHL
SanJose社 アンタレス48USB/UBX5
測定条件
制御可能機器 PCD-400/430A,EDS-400A,EDX-10B,EDX-100A,EDX-200A
測定モード データファイル保存先がPCの場合:
マニュアル,マニュアル(集録データ数設定)
データファイル保存先が制御機器の場合:
マニュアル,マニュアル(集録データ数指定),トリガ
  ※実際に設定可能な測定条件は,制御機器の制限が加わる。

DCS-105A
CANdbファイル読込オプションソフトウェア

DCS-105A

仕様

動作環境
OS Windows Vista®,Windows® 7 ,Windows® 8/8.1 ,Windows®10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU Core2Duo 2GHz以上推奨
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
CANdbファイル読み込み CANdbファイルを読み込んで,DCS-100AのCAN条件に設定する。
対象制御機器 EDX-100A,EDX-200A,EDX-5000A
対象コンディショナカード CAN-41A
対象オプションカード ECAN-40A(EDX-200Aオプションカード)
EGPC-40A (EDX-200Aオプションカード)
EGPC-50A(GPS/多チャネルCANモジュール)

DCS-106A
UCAM-550A専用
1000チャネル測定オプションソフトウェア

DCS-106A

仕様

動作環境
対象測定器 UCAM-550A
OS Windows Vista®,Windows® 7 ,Windows® 8/8.1 ,Windows®10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU インテル Core i5 2.6GHz以上
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
集録チャネル数 UCAM-550A 1000チャネル(20台)までの制御が可能

Page Top

ダウンロード

関連技術情報