UCS-60B
制御ソフトウェア

UCS-60B

概要

データロガーの性能を引き出す制御ソフトウェア
UCS-60Bは、パソコンよりデータロガーをリモート制御して、パソコン上で測定データのグラフ表示、数値表示、演算処理をおこなうことより、データロガーの性能をさらに引き出すソフトウェアです。

特長

●UCAM-60C、UCAM-65Cの制御
●リスト形式で数値表示可能
●最大50個のグラフ表示可能(各グラフに最大20チャネル分のデータを表示可能)
●測定データを各種形式で保存可能
共和標準(KU1)形式、UCAM-70A形式、CSV形式、XLS形式(Excel®フォーマット)
●演算処理(四則演算、統計演算、ロゼット解析)
●測定条件、演算条件ファイルの読み込み/保存
●プリンタ出力
●英語版同梱
●別売の解析ソフトウェア(NI DIAdem)でデータの解析ができる

製品一覧

全て表示

UCS-60B
制御ソフトウェア

UCS-60B

仕様

動作環境
OS Windows® 7 , Windows® 8/8.1,Windows® 10
日本語/英語,32/64ビット対応
CPU Core2Duo 2GHz以上推奨
メモリ OSが32ビットの場合,2GB以上
OSが64ビットの場合,4GB以上
ディスプレイ 解像度 1024×768以上
インタフェース シリアルポート RS-232Cで接続。
標準シリアルポートもしくはUSB - Serial 変換器で接続可能
LAN ポート LAN 接続で使用
GP-IB ポート  GP-IB 接続
       USB-GPIB 変換器等で接続可能
測定実行部の機能
  データをグラフや数値でモニタしながら,手動測定やインタバル測定,トリガ測定などの自動測定によりデータ集録を行います。また測定と同時に各種組み込み関数を使用した演算処理も行うことができます。
(注)UCAM-60C/65C 接続時の仕様を示します。他のデータロガー接続時は各仕様項目に制限があります。
制御可能なデータロガー UCAM-60C,UCAM-65C,UCAM-60B,UCAM-65B,UCAM-60A,UCAM-65A,UCAM-500B,UCAM-500A,UCAM-20PC
測定チャネル範囲 CH000~CH999(UCAM-60C/65C,UCAM-60B/65B,UCAM-60A/65A,UCAM-500A/500B)
CH000~CH249(UCAM-20PC)
測定ファンクション EASY MEAS,メジャー値,オリジナル値,イニシャル値
繰り返し回数(測定回数) 0~9999(0は無限回)
校正係数演算 ON/OFF 設定(全チャネル 一括)
チャネル条件 スキャナタイプ,測定チャネルモード,スキャニング速度,校正係数,単位,オフセット,基準抵抗値,イニシャル値,チャネル名称(半角18 文字,全角9文字以内)
インタバル測定条件 インタバル測定開始時刻,インタバル測定間隔時間,繰り返し回数0~9999(0は無限回),ステップ数99
トリガ測定条件 トリガチャネル(任意4チャネル),トリガチャネルのAND/OR,トリガ値,基準値,繰り返し回数0~9999(0は無限回),ステップ数99
測定条件ファイルの操作 読み込み/保存
演算条件設定機能/実行機能 チャネルデータを使用した四則演算が可能。演算式に組み込み関数を使用可能。
演算条件ファイルの操作 読み込み/保存
測定機能 測定チェック,イニシャル値測定,モニタ測定(40チャネル),リアルタイム測定,自動測定(インタバル測定,トリガ測定,トリガインタバル測定),盛り替え測定(単一チャネル/測定チャネル範囲)
測定データの数値表示機能
 数値ウィンドウ リアルタイム測定,自動測定の測定データは,リスト表示
 表示形式 リスト表示,一覧表示,イニシャル値測定データ表示,チェック結果表示
 モニタウィンドウ モニタ測定の測定データは,最新の一覧表示
測定データのグラフ表示機能
 グラフ種類 Y-TIME,Y-CYCLE,X-Y グラフ,BAR グラフ
 表示チャネル数 最大20チャネル(X-Yグラフは最大10組のチャネル)
 表示操作 X/Y 軸拡大,X/Y 軸オートスケール,カーソル表示
 表示可能データ数 表示可能な最大測定データ数は,以下のように測定チャネル数に準じます。
 測定チャネル数 100チャネル以内   10000データ
200チャネル以内   5000データ
500チャネル以内   2000データ
501チャネル以上   1000データ
測定データ保存形式 KU1 形式,UCAM-70A 形式(アスキー),CSV 形式,
XLS 形式(MS-EXCELフォーマット)
TEDS対応 TEDS 内蔵センサの情報読み込み可能
( UCAM-60B/C,UCAM-65B/C)
測定データ再生部の機能
  KU1 形式,UCAM-70A 形式(アスキー,バイナリ対応), UCAM-500A形式の各ファイルに対して,ファイルの読み込み/保存,データ表示,編集,演算,任意区間・任意チャネルの切り出しとCSV 形式とXLS 形式へのファイル変換が可能です。
演算条件設定機能 チャネルデータを使用した四則演算が可能。
演算式に組み込み関数を使用可能。
演算条件ファイルの操作 読み込み/保存
測定データの数値表示機能 リスト表示のみ
測定データのグラフ表示機能
 グラフ種類 Y-TIME,Y-CYCLE,X-Y グラフ,BAR グラフ
 表示チャネル数 最大20チャネル(X-Yグラフは最大10組のチャネル)
 表示操作 X/Y 軸拡大,X/Y 軸オートスケール,カーソル表示
表示条件ファイルの操作 読み込み/保存
制限事項
  測定データをXLS形式で保存する場合や,測定データファイルをXLS形式に変換する場合には,チャネル数とデータ数に以下の制限が付きます。
チャネル数 最大 250
データ数 最大 10000
UCS-60Bでは,UCAM-20PC 用制御ソフトウェア(UCS-25A),UCAM-500A用制御ソフトウェア(UCS-500A)で,作成された測定条件ファイル,演算条件ファイル,表示条件ファイルを読み込むことはできません。
また,UCAM-60A/B/C 本体で作成した測定条件ファイルを読み込むことはできません。

Page Top

ダウンロード