KMC
コンクリート埋込型線ひずみゲージ

  • RoHS

概要

セメント系材料の自己収縮・自己応力を測定するためのひずみゲージで、高強度・高流動コンクリートなどの打ち込み直後から自己収縮が測定できます。セメント系材料のひび割れの検討などに有効です。通常T熱電対をゲージ近傍に付設しますが、H4型は内蔵されています。
技術的な特性や取扱い方法、注意点など詳細はこちら

主な特性

材質 抵抗素子 Cu-Ni系合金線
材質 ベース シリコーン
主な適用接着剤と組合せたときの硬化後の使用温度範囲(℃) (埋め込み)常温~70℃
主なリード線と組み合わせた時の温度(℃) 3線式平行ビニル線:常温~70℃
自己温度補償範囲(℃)
適合線膨張係数×10-6/℃
室温におけるひずみ限界(約%) 0.3
室温における疲労寿命(回数)

製品一覧

全て表示

KMC120Ω単軸

    • RoHS
型式名 寸法(mm)
ゲージ(グリッド) ベース
長さ 長さ
KMC-70-120-H3 70

KMC120Ω単軸

    T熱電対内蔵
    • RoHS
型式名 寸法(mm)
ゲージ(グリッド) ベース
長さ 長さ
KMC-70-120-H4 70

Page Top

ダウンロード

関連技術情報