接着剤

リセット

使用温度範囲

  • 高温
  • 常温~中高温
  • 極低温

硬化方法

  • 常温硬化
  • 加熱硬化

絞り込み結果

00件見つかりました。

製品一覧

全て表示

CC-33A
常温硬化型瞬間接着剤

CC-33A

仕様

タイプ 常温硬化型瞬間接着剤
使用温度範囲(℃) -196~120
(常用温度範囲は20~80)
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
※アルミ合金(A1050,A2024)
・プラスチック(アクリル,塩ビ,ナイロン,等)
・複合材料(CFRP,GFRP,プリント基板,等)
・ゴム
硬化条件 ・指圧(100~300kPa)で15~60秒。(硬化後1時間放置)
注)指圧時間は温湿度条件により変化有り。低温,低湿時は指圧時間を長くする。
分類 シアノアクリレート系
1液タイプ
容量 2g×1本または2g×5本
特長 ・常温環境下における一般応力測定用接着剤に適する。
・硬化時間が短かく,接着の作業性が良い。
・接着後,約1時間で測定が可能。
主な適用ゲージ KFGS KFGT KFRB KFWB KFWS KFRPB KFRS KFP KSPB KSNB (E5除く) KSPH KSPLB KFLB KFNB KFSB KFF KCH KV

関連画像

開封方法
CC-33A

CC-35
常温硬化型瞬間接着剤

CC-35

仕様

タイプ 常温硬化型瞬間接着剤
使用温度範囲(℃) -30~120
(常用温度範囲は20~80)
主な適用材料 ・コンクリート
・モルタル
・木材
硬化条件 ・指圧(100~300kPa)で30~60秒。(硬化後1時間以上放置)
注)指圧時間は温湿度条件により変化有り。低温,低湿時は指圧時間を長くする。
分類 シアノアクリレート系
1液タイプ
容量 2g×1本または2g×5本
特長 ・高粘度のため,木材やコンクリート等の多孔質材料への接着に適する。
・常温環境下における一般応力測定用接着剤に適する。
主な適用ゲージ KFGS KFGT KFRB KC KFRPB KFP 

CC-36
常温硬化型瞬間接着剤

CC-36

仕様

タイプ 常温硬化型瞬間接着剤
使用温度範囲(℃) -30~100
(常用温度範囲は20~80)
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,マグネシウム合金,等)
※アルミ合金(A1050,A2024,A7075)
・プラスチック(アクリル,塩ビ,ナイロン,ポリプロピレン等)
・複合材料(CFRP,GFRP,プリント基板,等)
・プリント基板
・コンクリート
・モルタル
・木材 ・ゴム
硬化条件 ・指圧(100~300kPa)で30~180秒。(硬化後1時間以上放置)
注)指圧時間は温湿度条件により変化有り。低温,低湿時は指圧時間を長くする。
分類 シアノアクリレート系
1液タイプ
容量 2g×1本または2g×5本
特長 ・常温環境下における大ひずみ測定用ゲージ(KFEM,KFEL)への接着に適する。
・アルミニウム合金(A7075)やマグネシウム合金など難接着剤にも適用できる。
・高耐剥離強度と耐衝撃性を有し,接着強度の経時変化が小さい。
主な適用ゲージ KFEM KFEL KFGS KFGT KFRB KFWB KFWS KFRPB KFRS KFP
KSPB KSNB (E5除く) KSPH KSPLB KFF KV

EP-270
常温硬化型

仕様

タイプ 常温硬化型
使用温度範囲(℃) -269~30
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,アルミ合金,等)
硬化条件 ・加圧状態(50±20kPa)で,約25℃で24時間
分類 エポキシ系
2液混合タイプ
容量 50g(主剤:25g,硬化剤:25g)
特長 ・極低温域までのひずみ測定におけるゲージ接着に適する。
主な適用ゲージ KFLB

EP-340
常温硬化または加熱硬化型

仕様

タイプ 常温硬化または加熱硬化型
使用温度範囲(℃) -55~150
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,アルミ合金,等)
硬化条件 ・加圧状態(100±50kPa)で,約25℃で24時間または,80℃で2時間
分類 エポキシ系
2液混合タイプ
容量 30g(主剤:6g×4本,硬化剤:1.5g×4本)
特長 ・中温域までのひずみ測定におけるゲージ接着に適する。
主な適用ゲージ KFGS KFRB KFWB KFGT KFF KFSB KSNB(E5除く)

EP-34B
常温硬化または加熱硬化型

EP-34B

仕様

タイプ 常温硬化または加熱硬化型
使用温度範囲(℃) -55~200
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
・プラスチック(アクリル,塩ビ,等)
・複合材料(CFRP,GFRP,プリント基板,等)
硬化条件 ・加圧状態(30~50kPa)で,約25℃で24時間または,80℃で2時間
・テープ加圧も可能
分類 エポキシ系
2液混合タイプ
容量 30.8g(主剤:5.6g×4本,硬化剤:2.1g×4本)
特長 ・中温域までのひずみ測定におけるゲージ接着とセンサ用ゲージの接着に適する。
主な適用ゲージ KFRPB KFP KFHB
法令 医薬用外劇物対象品

EP-370
ボルトゲージ充填専用

EP-370

仕様

タイプ 常温+加熱硬化型
使用温度範囲(℃) 常温~50 ℃
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
・プラスチック(アクリル,塩ビ,等)
硬化条件 常温 24 時間後,80 ℃ 5 時間
分類 エポキシ系
2液混合タイプ
容量 40g (主剤30 g,硬化剤10 g)
特長 ・低粘度のため埋め込みタイプのボルト用ゲージ(KFB)の接着に適する。
主な適用ゲージ KFB
法令 医薬用外劇物対象品

PC-600
加熱硬化型

仕様

タイプ 加熱硬化型
使用温度範囲(℃) -269~250
主な適用材料 金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
硬化条件 加圧状態(150~300kPa)で80℃で1時間
→130℃で2時間
→150℃で2時間
分類 フェノール系
1液,加熱タイプ
容量 100g
特長 低温から中,高温域までのひずみ測定におけるゲージ接着とセンサ用ゲージの接着に適する。
主な適用ゲージ KFGS KFRB KFHB KFLB KFNB

PI-32
加熱硬化型

PI-32

仕様

タイプ 加熱硬化型
使用温度範囲(℃) -269~350
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
硬化条件 ・加圧状態(200~500kPa)で100℃で1時間
 →200℃で2時間加熱
 →加圧を外して エージングを行う*1
*1 被測定物を加熱炉などに入れて、下記のエージングを行ってください。(昇温速度は約5℃/分とします。)
KFUゲージの場合  室温から昇温して300℃…2時間保持  
KFHBゲージの場合  室温から昇温して250℃…2時間保持

※200℃加熱が困難な場合は200℃で2時間を160℃で5時間に変更し他は同条件で行う。
分類 ポリイミド系
1液,加熱タイプ
容量 20g
特長 ・高温域までのひずみ測定におけるゲージの接着に適する。
主な適用ゲージ KFU KFHB

PC-12B
常温硬化型

PC-12B

仕様

タイプ 常温硬化型
使用温度範囲(℃) -196~250
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
・コンクリート
・モルタル
硬化条件 ・加圧状態(30~50kPa)で常温で2時間放置後,加圧を除去し,さらに24時間放置
分類 ポリエステル系
2液混合タイプ
容量 32g(主剤:30g,硬化剤:2g)
特長 ・半導体ゲージやコンクリート用ゲージ(KC,KFGS)の接着に適する。
主な適用ゲージ KFGS KC KSPB KSPH KSPLB
法令 航空輸送禁止

EP-17
加熱硬化型

EP-17

仕様

タイプ 加熱硬化型
使用温度範囲(℃) -50~170
主な適用材料 ・金属(鉄,ステンレス,銅,アルミ合金,等)
硬化条件 ・指圧の後テープ加圧で加熱硬化
→130℃ 2時間
→150℃ 2時間
分類 エポキシ系
1液,1粉末混合タイプ
容量 30g
特長 ・半導体ゲージ(KSNB-2-120-E5)の専用接着剤。
(硬化時の収縮が小さい)
主な適用ゲージ KSNB-2-E5

S-7
硬化促進剤

S-7

仕様

タイプ 硬化促進剤
分類 アミン系化合物
メタノール
容量 25g
特長 ・寒冷時の硬化促進として適する。CC-33A用

S-9B
表面処理剤

S-9B

仕様

タイプ 表面処理剤
容量 40g
特長 ・難接着材(ポリプロピレン,ポリエチレン)にゲージを瞬間接着剤で接着する場合の表面処理剤

Page Top

ダウンロード