動ひずみ測定器 DPM-900/950シリーズ

校正ひずみによる内部ゲインの設定方法

ひずみの大きさを正しく把握するために、適切な内部ゲイン(感度)を設定する必要があります。
組み合わせて使用するセンサの検査成績書に載っている定格出力ひずみ値と出力電圧を、それぞれCALスイッチとVOLTAGE OUTスイッチで設定することで、出力ひずみ値が電圧表示されます。

カタログダウンロード(3.9 MB)

DPM-900/950シリーズについてのお問い合わせ

動画掲載製品

関連技術情報