DIAdem-NAVIGATOR|データ管理

解析・処理を行いたいデータを管理し、必要時にスムーズにデータを見つけ出すことができるのがNAVIGATORの特長です。また、共和独自フォーマット (KS1、KS2、KU1)にも対応し、直接データの読込みが可能です。

  • フォーマット形式や 場所に拘わらず、データソースからデータをとり出すことができ、ツリー構造で全てのデータソースを表示するため、目的の試験データをすばやくとり出すことができます。
  • Data Portal のフィルター機能を使えば、目的のチャネルのみを表示させ、効率的な処理が可能です。
  • データファインダー機能
    インターネット感覚でキーワードを入力して簡易検索を行うクイックサーチモード
    より詳しい条件で検索できるアドバンストサーチモード
  • チャネルプレビュー
    データを読み込む前に、波形を確認することができます。

データ管理の主な特長

  • 1000億データポイント、最大20億行または最大15万チャネルをロードし管理可能
  • DAT、TDM、ASCll、xls(Excel)、LVM(NI LabVIEW)、EGV、MME、TDF、RPC3、HDR・DAT(TEAC)、ATF、WAV他各種ファイルフォーマットを取込み
  • SQL、ODBC、ADO、AOP(ASAM)などのプロトコルを使用して標準リードライトデータベースからデータをロード
  • 独自のファイルインポートスクリプトを作成し、カスタムデータフォーマットを読込み
  • Data Portalのチャネルフィルターやグループフィルター、ピン機能を使って目的のチャネルのみを表示させ効率的な作業