DIAdem-VIEW|データ表示

試験データを対話形式で点検すれば、試験中に何が起こったのか 試験が成功だったかのか分かることもあります。
また、いくつかの試験データを重ね合わせてその結果を視覚的に比較できれば、検証が可能となります。

DIAdem-VIEWを使用すれば、データを視覚的に点検し、結論を導くことができます。
スクロールやズームカーソルを使用してデータのピークや特徴を表示することができ、また、その他各種カーソルを選択してデータの一部をグラフ上で削除したり、追加したり、コピーすることもできます。

DIAdem最新版ではビデオ映像(音声再生も可能)とデータの同期再生や3D CADモデルとの同期再生も可能になりました。

データ点検の主な特長

動画とデータの同期再生

3D-CAD と データの同期再生

等高線表示

ロードマップ(GPSデータ)とデータ + 動画の同期再生

データの範囲を指定して拡大

グラフ上に最大12のY軸を設定可能(左側のみ)

  • 動画とデータの同期再生
  • 3D-CAD と データの同期再生
  • 独自のレイアウトを作成して最適の方法でデータを表示
  • 2D座標系あるいはデータテーブルを選択してデータを表示
  • ズームカーソルとスクロールカーソルを使用して対話形式でデータを点検
  • グラフの一部をマークしてコピー、削除あるいは直線補完
  • グラフの凡例を使用してカーソル位置の値とデータの特性を表示
  • 無制限のページ数でVlEWレイアウトを作成
  • VIEWレイアウトを保存して再使用

動画とデータの同期再生

動画の一部を拡大表示して再生することができます。動画対応形式:AVIかMPEG1に対応(一部のAVI形式には対応していません)

3D-CADとデータの同期再生

3D-CADモデルをしようして計測データを可視化することができます。目に見えない現象を可視化することでイメージしやすくなります。
メッシュありの3D-CADモデルにデータをリンクさせて作成します。3D-CADモデル対応形式:STLかVRML2に対応