バージョンアップ履歴 CTRS-100シリーズ

Ver.01.09の主な改訂内容

  • 熱電対測定ユニット(CTRS-CTA010A)に正式対応しました。
  • リモートコントロールユニットを使用してオフラインで測定条件設定を行う際、STOP、BAL、OPTION1、OPTION2ボタンの設定を変更するような条件が含まれていると、CTRS-100Aがハングアップしてしまう場合がある不具合を修正しました。

アップデートソフト

  • CTRS-100Aが認識することができないユニットが接続されている場合、アップデートを実行することができないよう変更しました。

Ver.01.08の主な改訂内容

  • 以下のいずれかの手順で操作後に電源を再起動すると、測定値が再起動前から変化する場合がある不具合を修正しました。
    1. モードを「ひずみ(2V)」、レンジを「50kμε」または任意入力で30000以上の値に設定し、バランスを実行後に電源をOFFにした。
    2. モードを変更せずにレンジを変更して設定した後、バランスを実行せずに電源をOFFにした。
  • 集録中にポーズを実行した場合、集録したファイルをDAS-200Aで確認した時、ファイル情報の集録/中断情報の集録開始時刻と集録停止時刻が異常な時刻になる場合がある不具合を修正しました。

Ver.01.07の主な改訂内容

  • 無線LANユニット(CTRS-WLAN010A/011A)に対応しました。
  • CTRS-100AのステータスLEDの点灯パターンを変更しました。

    【変更前】

    状態 電源の供給元 点灯パターン
    SDカードの残り容量が少なくなった時 外部電源またはバッテリユニット 赤点滅
    いずれかの測定チャネルにてバランスNG,レンジオーバが発生した時 外部電源 青点灯
    バッテリユニット 紫点灯

    【変更後】

    状態 電源の供給元 点灯パターン
    SDカードの残り容量が少なくなった時 外部電源 青点滅
    バッテリユニット 紫点滅
    いずれかの測定チャネルにてバランスNG,レンジオーバが発生した時 外部電源 青点滅(速)
    バッテリユニット 紫点滅(速)

Ver.01.05の主な改訂内容

コンパクトレコーダ CPU Ver.01.07

  • 集録中に制御ソフトからの集録停止あるいはリモコンでSTOPボタンを押した時、 集録データ数が0のデータファイル(KS3)が作成される場合がある不具合を修正しました。
  • 測定モードをマニュアル(集録データ数指定)に設定した時、集録が自動で停止する場合がある不具合を修正しました。
  • 繰り返し回数を設定して集録を行った時、SD容量がまだ残っているのにSD容量不足エラーが 発生する場合がある不具合を修正しました。
  • 同期運転で集録を行った時、スレーブのみSD容量不足の状態になった際、マスタの状態もSD容量不足になる場合がある不具合を修正しました。
  • 同期運転で、スレーブのみSD容量不足またはSD未実装の状態でバランスや入力抵抗チェックを実行すると、スレーブのみ処理が実行される不具合を修正しました。
  • USBでパソコンと接続時、USBケーブルを抜いた直後にリモコンからモニタを開始した際、自動でモニタが停止する場合がある不具合を修正しました。
    (USBケーブルを抜いた直後にリモコンからRECボタンで集録を開始した場合は、集録が自動で停止することはありません)

コンパクトレコーダ FPGA Ver.01.04

  • 同期運転時の集録動作における軽微なバグを修正致しました。

リモコンユニット Ver.01.02

  • 製番が正しく表示されない不具合を修正致しました。

バッテリユニット Ver.01.03

  • 故障時の動作の安定性を向上させました。