1ゲージ法の非直線性の補正式

大ひずみ測定を1ゲージ法で行った場合に発生する非直線性誤差は、次式で真のひずみ(ε)を求めることができます。