初期平衡(Rバランス)がとれない場合の対策

曲面への接着や半導体ゲージなど許容抵抗値範囲が広いひずみゲージを使用した場合、初期平衡がとれないことがあります。このときの対策として、並列抵抗法を示します。

加える並列抵抗の概算値(Rp)

Rp = R・Rg / | R-Rg |
Rg:ひずみゲージの抵抗値
R:ブリッジの公称抵抗値(120Ωまたは350Ω)

ブリッジへの並列抵抗の挿入箇所はRg>Rのときは、ひずみゲージの辺の対辺に、Rg<Rのときは、隣辺になります。

R=120Ωの場合 RとRgの差(Ω)

Rからの抵抗値の差(±Ω) 0.6 1.2 1.8 2.4 3.0
Rp(kΩ) 24.1 12.1 8.1 6.1 4.9

注)E24系列の抵抗を使用した場合の値

並列抵抗を入れる場合