トルクセンサ(変換器)について

共和のトルクセンサ(変換器)はひずみゲージを使用して、シャフトのトルクに応じたねじれ量(表面せん断応力)を電気量(電圧)に変換し、スリップリングとブラッシュまたは回転トランスや光伝送によって外部に取り出し、伝達されるトルクを静止状態から高速回転まで正確に、しかも簡単に測定できます。
変換素子にひずみゲージを使用しているため、精度・安定度にすぐれ、厳しい条件下で長時間使用した場合にも、初期の性能をそのまま維持できますので、実験・研究用としてはもちろん、工業計測用としても幅広く利用できます。
本センサ(変換器)は、各種のひずみ測定器と組み合わせて使用します。静的トルクには、静ひずみ測定器、センサ用コンディショナを用いて読み取り、動的トルクには、動ひずみ測定器と記録器を組み合わせて測定します。また、メモリレコーダ/アナライザを使用すれば、トルクだけではなく温度などの他現象を同時に測定することができ、デジタルデータとして記録することが可能です。

特長

  • 静止状態から高速回転まで、安定なトルク測定ができる
  • シャフトの曲げ、推力による影響が少なく、高精度なトルク測定ができる

TPS型トルクセンサ(変換器)測定ブロック

安全にお使いいただくために

トルクセンサ(変換器)は、金属製シャフト(軸)のねじり変形をひずみゲージで検出する方式になっています。
トルクの検出は、この軸を原動機と負荷の間に介在させて行われています。トルクセンサ(変換器)に定格以上のトルクが加わると、塑性変形から軸破断に至ります。塑性変形に至らなくてもオーバロードトルクが繰り返し加わりますと、疲労破壊により軸が破断します。
TP型トルクセンサ(変換器)の軸は金属製のケースでカバーされていますので、軸の破断により破片が飛び散るようなことはありませんが、トルクセンサ(変換器)の軸が接続されている原動機、負荷などに影響を及ぼす場合には、軸破断について何らかの対策を施してください。

  • トルクセンサ(変換器)は、ねじりトルクを伝達するように作られています。軸端へのラジアル荷重、スラスト荷重が加わらないようにご注意ください。ねじり以外のこれらの荷重は、起歪部(トルク軸)に過大な応力を生じさせ、破断の原因となることがあります。
  • TP型トルクセンサ(変換器)にはフレキシブルカップリングをお使いください。リジットなフランジカップリングは軸に過大なストレスを生じさせ、特性を害すると共に軸の破断を引き起こす恐れがあります。
  • 負荷側のイナーシャが大きく、原動機の回転の立ち上がりが早い場合、瞬間的に大きなトルクが負荷される場合があります。このようなケースでは、トルクセンサ(変換器)の定格容量が十分に大きなものを選定してください。
  • 動的測定では、原動機および負荷のイナーシャとトルクセンサ(変換器)のねじり剛性との関係で決まるねじりの固有振動にご注意ください。また、測定系の固有振動数と近接する回転速度(回転数)で回転させることは、避けてください。

TP-D,E,M型専用フレキシブルカップリング(別売)

TP型トルクセンサ(変換器)の取り付け方法

トルク変換器取り付け用ボルトなどは付属していませんのでお客さま各位でご準備ください。