国土交通省 点検支援技術情報
大型インフラ構造物の点検支援技術

  • サンプリングモアレカメラ
  • FBG方式光ファイバーセンサー

国土交通省の点検支援技術情報に当社技術が2点掲載されました。

サンプリングモアレカメラ DSMC-100Aは、 遠隔・非接触で橋梁など大型インフラ構造物のモニタリングが可能なため、従来の近接目視による点検と比較して高精度の動的変位計測で、桁たわみや支承部の機能確認が可能となります。

光ファイバ測定器 EFOX-1000B-4は、光ファイバ1本に数十個のセンサを直列配置可能で、従来の電気式センサと異なり、センサ出力への電気的悪影響(雷サージ/ノイズ/絶縁抵抗低下等)がない為、省配線・省メンテナンスでの長期モニタリングに適しています。

いずれも作業時間の短縮や通行規制などの利便性低下の抑制など、人材・技術・財源不足の解決への貢献が期待できます。

技術一覧

  
技術名 登録分野 技術番号
サンプリングモアレカメラ 計測・モニタリング技術(橋梁) BR030002-V0020
掲載 第2章 性能カタログ『計測・モニタリング技術』- 橋梁(25技術)-1(PDF11~17頁)
FBG方式光ファイバーセンサー 計測・モニタリング技術(橋梁) BR030005-V0020
掲載 第2章 性能カタログ『計測・モニタリング技術』- 橋梁(25技術)-1(PDF29~35頁)

※国土交通省HPへのリンク

参照

国土交通省HP 『道路に関する新技術の活用』- 点検支援技術性能カタログ(案)