SRLS vs MRS 2大無線測定器を徹底比較!

SRLS vs MRS 2大無線測定器を徹底比較!

製品紹介|主な仕様比較

SRLS

SRLS画像
変調方式
LoRa変調方式
使用時間
1年(1h1回の計測の場合)
通信距離(見通し)
500m*1
最大ch数
200ch(送信機100:受信機10)
測定対象
ひずみゲージ, ひずみゲージ式変換器, 電圧,
測温機能付き土木変換器
電波認証
日本
得意分野
長期間での無線計測。
主にインフラなど広範囲で多点に強み
  • *1 高さ80m、障害物のない環境下で見通し20km先でも使用実績あり。

MRS

MRS画像
変調方式
デジタル変調
使用時間
34h(連続)
通信距離(見通し)
50m
最大ch数
64ch
測定対象
ひずみゲージ, ひずみゲージ式変換器, 電圧, 熱電対
電波認証
日本, 欧州, 米国, タイ, インド, 中国*2
得意分野
動的な製品評価試験。
ドライブシャフトなど自動車分野で実績
  • *2 機種により電波認証国が異なります。

ROUND1|通信の特徴

SRLS

LoRa方式なので見通し20km以上での使用実績あり!*1
面倒なケーブル配線を省略

ライセンス不要の方式で長距離通信が可能なLoRa規格を採用。
従来の測定器に比べ、受信機を設置する場所の自由度が向上しました。
山間部や橋梁等の環境に対応します。

橋梁の計測
橋梁の計測
ダムの計測
ダムの計測

更に、ひとつの現場で最大200ch(送信機100:受信機10)まで計測可能なので、広範囲かつ多点の計測ニーズにもお応えします。

*1 高さ80m、障害物のない環境下で見通し20km先でも使用実績あり。

インフラのモニタリングならSRLS!

MRS

サンプリング周波数4.8kHz・応答周波数DC~370Hz!
素早い動きに対応

自動車関連やスポーツなど実験研究分野での高速現象でも、ほぼリアルタイムで試験データを伝送する事ができます。また、最大50mの範囲を無線化できます。

ドライブトレインの評価試験
天井クレーンの評価試験

3種類のオプションアンテナ(平面、高利得、小型平面)から最適なものを、現場によって使い分ければ、より安定した無線通信が可能です。

高速な現象の測定ならMRS!

お問い合わせ


ROUND2|送信機の特徴

SRLS

1時間1回の計測で1年間連続使用可能!
人が行くのが大変な場所での測定に

長距離通信をするなら、送信機の設置場所にはなるべく行かないで済む方がいいですよね。SRLSは1時間に1回の計測であれば年に1度の電池交換で使用できます。

省メンテナンス長期測定ならSRLS!

MRS

小型&耐遠心加速度3000G!高速回転する対象の測定に

早い動きを計測できても、筐体が壊れてしまっては意味がありません。MRSは従来品より小型化、そして最新機種MRS-101B-Tでは耐遠心加速度性能が大幅に向上!(X, Y, Z各方向で耐3000G。特許出願済み)また、連続で最大34時間駆動します。

タフな計測ならMRS!

お問い合わせ


ROUND3|ユーザビリティ

SRLS

各項目にカーソルを合わせると説明文が!
ワンクリックでスクリーンショットも可能

専用ソフトは直感的に理解しやすいインターフェース
また、送信機にはセンサ断線・電池残量・通信状態のチェック機能付き。PC不要で設定、計測が可能です。(時間合わせとデータ回収はPC要)

MRS

電波チェック機能搭載でchを選んで混線を回避!
初期設定以降はPCレスで簡単操作

初期設定以降はPCレス、受信機のボタンのみで簡単に操作可能。
また、電波チェック機能搭載なのでchを選んで混線を回避できます。

最終ジャッジ|各製品詳細は下記から

SRLSとMRS あなたはどちらを選びますか?

資料請求、見積もりはお問い合わせください。

SRLSの詳細ページはこちら

MRSの詳細ページはこちら