ディスクロージャーポリシー

情報開示に関する当社の方針 (ディスクロージャーポリシー)

当社では以下の基準に基づき情報の開示をおこなっております。

1.情報の開示基準について

当社が株式を上場している東京証券取引所においては、投資家が最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に入手できるように上場各社に会社情報の適時開示を求めております。
当社では、同所の定める適時開示規則(以下「開示規則」と略す)に沿って情報開示を行っています。

開示規則に基づき、投資判断に影響を与える「上場会社に係る情報」と「子会社に係る情報」について、決定事実に関する情報、発生事実に関する情報、決算に関する情報、既に開示した重要な内容について訂正、中止等が行われた場合、その他開示規則で求められている情報について適時開示をおこないます。
また、当社では、会社説明会での発表内容等、開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべく、できるだけ積極的かつ公平に開示するよう努めております。

2.情報の開示方法について

開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する情報開示システム(TDnet)にて公開しています。東京証券取引所への事前説明の後、同所内「兜クラブ」(記者クラブ)に同一資料を投函すると共に、当社ホームページにおいても公開致します。 また開示規則が「二つ以上の報道機関に公開しかつ周知のために12時間経過後とすること」と述べている趣旨を踏まえ、TDnetにて公開した情報のホームページへの掲載に関しては、公開後12時間以上経過してから掲載することとしています。なお、準備の都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が12時間より大きく遅れる場合もあります。 また、開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ迅速、正確かつ公平に情報が一般投資家に開示されるよう配慮致します。

したがって、当社の開示情報の確認に際しては、当ホームページと共にTDnet等の情報もあわせてご参照いただきますようお願い申しあげます。

3.将来の業績見通し等について

当社では、東京証券取引所に提出する業績見通しの他、投資家や証券アナリストの皆様が自ら当社の業績見通しについてご評価いただけるように、見通 しに関する資料等を提供する場合があります。
また、ご挨拶、講演、質疑応答、当社の発行する資料、書面、ホームページ掲載内容等には、現在の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。

いずれの場合におきましても、客観的事実でないものは、一定の前提のもとに作成した将来の見通 しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社の判断にもとづいております。

実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。
したがいまして、当社の業績、企業価値等を検討されるにあたりましては、これら見通しのみに全面的に依存することはご遠慮下さるようお願い致します。

実際の業績に影響を与える重要な要素としては、(1)当社を取り巻く経済情勢、需要動向等の変化、(2)為替レート、金利等の変動、(3)計測機器分野における革新的な技術の出現、(4)競合他社状況や異業種からの競合参入などです。また、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

4.当ホームページご利用について

当ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索される方々のために開設されています。当社ではインターネットやe-mail等の情報ツールを利用した情報開示はあくまで補助的な情報開示ツールとして位置付けております。

当ホームページでは当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現がされている場合もありますので、これらの事を十分ご理解いただいた上でご利用いただくようお願い致します。

5.ご利用条件と注意事項について

当ホームページ上での情報検索にあたりましては、本情報開示に関する当社の方針(ディスクロージャーポリシー)のみではなく、別途掲載しているサイトポリシーもあわせてご覧ください。