計量法トレーサビリティ制度とは

計量法トレーサビリティ制度は、平成5年11月に施行された改正計量法により導入された国家計量標準供給制度と校正事業者登録制度からなる制度です。先端産業分野をはじめ工業生産における高精度の計測や品質管理の信頼性確保を目的として、創設されました。
近年、経済活動の国際化に伴い、各国の経済取引に関する適合性評価手続きの根幹をなす技術的基盤として、計測のトレーサビリティの確保はますます重要になってきています。JCSSは、校正機関の技術能力の登録により、信頼性のある計測の国家計量標準へのトレーサビリティを確保することで、様々な試験・校正結果の信頼性を根幹から支えるという非常に重要な役割を担っています。

計量法校正事業者登録制度(JCSS;Japan Calibration Service System)は、計量法関連法規および ISO/IEC 17025 の要求事項に基づいて、校正を実施する技術能力を校正事業者が持っていることを製品評価技術基盤機構理事長名で登録するプログラムです。

JCSSは、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度の略称です。詳細につきましては、製品評価技術基盤機構のホームページを参照してください。

製品評価技術基盤機構